カウンセリングサークルワイズ » » 上野浩子のブログ » »やっとわかってスッキリ

やっとわかってスッキリ

去年の3月に「ドリームワーク(童里夢)」を体験しました。
4枚絵を描いていきます。
その中で描いた1枚の絵でその時もですが、いままでなぜか気になっていました。
「子供の頃につながる絵」

姉が小学校最後の誕生日のお祝いに(だったと思う)
叔母さんが「何でも好きなものを買ってあげる」ということで
百貨店に連れて行ってもらった時の絵を描いた。
私も一緒に連れて行ってくれて、好きなものを買ってくれるといわれたけど
子供ながらに ”ついで”という感じがして
本当に好きな(高い)ものを欲しいと言ってはいけないと
思ったことを記憶しています。

シェアの時、絵を描いたときに人形の絵をとても丁寧に書いていたね・・・・と。
確かに丁寧に書いていたと自分も思いました。
でもそのお人形は、姉が欲しくて買ってもらったもので、
私が欲しかったものでのなんでもなっかたんです。
なのでなぜそんなに丁寧に書いたのか・・・という事がずっと気になっていたんです。
「自分も好きなものをこれが欲しいと手に入れられるようになりたいから?」
と思ったのですが、なにか違うな~と。

そのワークをしてから1年近くも経ってるのですが2、3日前にふっと思いました。
私はこの人形のように「この子がいい、この子が欲しい」と言ってもらいたかったんだな・・・と。
そう思った時になぜあんなに丁寧に人形を書いたのか、ということも腑に落ちて
気持ちもスッキリしました。
当時そんなふうに思っていたんだという感情、気持ちを大切にしたいと思います。

関連記事:
  • ひなまつり
  • 「お絵かき遊び」
  • 出張アートセラピー
  • パステルという画材
  • パステルを使って

  • カウンセリングサークルワイズ » » 上野浩子のブログ » »やっとわかってスッキリ