カウンセリングサークルワイズ » » 福島直樹のブログ » »これもまたカウンセリングのひとつかもしれません・・・

これもまたカウンセリングのひとつかもしれません・・・

今回のテーマは、「カウンセラーは、ただ共感し受容すればいいのか?」という疑問です。

私のこの疑問に対する答えはこれまでの記事にちらほら出ているようなのですが、ここでまた「まとめる」という意味も込めて書いてみたいと思います。

いきなり私の答えを書かせていただくと「カウンセラーはクライアントの存在を受容した上で小さな『きっかけ』を提供していくべき」だと考えます。前回も最後の方に少し書きましたが、他人に「悩みを相談をする」という行為はそれ自体が問題解決の為の大きな「第一歩」だと私は考えています。そんな素晴らしい「勇気」を持って相談に来ていただいた方に「次の一歩」を一緒に考え、提供していく事もカウンセラーには必要なのではと私は考えます。

ここで勘違いしてはいけないのは、あくまで基本は「クライアント主導」であることです。クライアントが「いやだ」といえば、その「次の一歩」の試みはやる必要はないのです。そして、その「次の一歩」の試みが失敗したとしても、それはそれでかまわないのです。それを失敗したからといって、その人の存在が否定されることは絶対にないのですから。そもそもこの「試み」に「失敗」はなく、その人のその行動こそが大切で、それは「問題解決」という目標への大事なプロセスなのです。

私たちカウンセラーはクライアントと一緒に悩み、考え、そして「次の一歩」への試みを一緒に模索していく事だと私は思います。クライアントが試せる「選択肢」を増やす事ができるカウンセリング…正直「この方法がいい方法です!」と勧められない私が情けなくも感じるのですが(苦笑)こんなカウンセリングもひとつの方法ではないかなぁと私は考えます。皆さんはどうお感じになったでしょうか?

関連記事:
  • ライフサイクル②~基本的信頼の獲得~
  • ライフサイクル
  • 多角多面の繋がり・・・
  • 人はまったく同じではないからおもしろい
  • 「思い」を「言葉」に変換することの大切さ

  • カウンセリングサークルワイズ » » 福島直樹のブログ » »これもまたカウンセリングのひとつかもしれません・・・