カウンセリングサークルワイズ » » 今井直人のブログ » »勝ち運

勝ち運

6月23日(土)ナゴヤドーム ドラゴンズvsホークスの3回戦。
日程を見た時に、正直見に行ってもいいかな、と思ったのですが、結局テレビ観戦になりました。

交流戦で唯一セ・リーグの球団に負け越しのなかったホークスも、今年はあろう事か巨人に4連敗と今や横浜のエースになった寺原にやられるなど、その自慢もなくなってしまいました。特に巨人戦は負け方が最悪で、ガッカリの一言です。
今年初めてホークスの話題を書く訳ですが、前評判ほどの強さはないと思っていた以上に不甲斐ない試合が多く、あえてここで書くこともない状況でした。

ここまで孤軍奮闘していた杉内がこの日の先発。前回の巨人戦は7回まで2塁ベースすら踏ませていなかったのに、8回に高橋由伸に3ランホームランを打たれて撃沈。しかしそうなったのもその前の阪神戦がもっと可哀想だったからで、布石はありました。

雨で試合時間が1時間以上遅れ、1-0でホークスリードの5回裏、阪神の攻撃も2アウト、ところが凄い大雨。バッター桜井に対してあと1球ストライクが入らずフォアボール・・・で試合中断。小雨になってグランド整備してまた1時間以上待たされゲーム再開。おそらくあと1つのアウト、いやストライクを取っていれば1-0でゲームセットになっていたはずの土砂降りでした。その後、1-0のまま9回裏阪神の攻撃。ここまで時間にして5時間以上投げつづけた杉内も案の定というか1点取られ、勝ち投手にはなれませんでした。結果、延長で林にホームランを打たれサヨナラ負けと、冴えないチームの典型の試合ですが、あの1球で勝ち運が逃げたようです。

この日の杉内はパ・リーグ最多勝の面影はなく、初出場の柳田にプロ初ヒットとプロ初ホームランをサービスし早々に降板。前半5回を終わって0-4でドラゴンズリード。ナゴヤドームではよくある光景で、ドラゴンズファンは当然としても、おそらく球場にいるすべてに近い人がいつもの試合を思い描いたはずです。相手の先発は交流戦に入って4戦4勝の不動のエース川上憲伸。ホークス5連敗確定?
 
6回表、ホークスの攻撃。先頭本多の当たりはやや高いバウンドのピッチャーゴロ。俊足とはいえ普通にプレーすれば何でもないところ、ボールが手につかず投げた先が1塁ではなく真上に。滅多に見られないプレーで、ノーアウト1塁。しかし0-4。
交流戦前の巨人戦から5連勝中だった川上。もし‘勝ち運’というモノがあるとするなら、それが手から離れるのが見えた瞬間でした。その後・・・

3番 川崎 右中間3ベース! 1-4 (もう1点はいるかな?)
4番 小久保 センターオーバー2ベース! 2-4 (きれいに追加点)
5番 多村 三振 (ここまで2安打で一番打ちそうやったのに、ここまでか~)
6番 柴原 ライト線2ベース! 3-4 (おーっ 珍しくつながった)
代打 吉本 右中間2ベース! 4-4 (打ちそうな雰囲気通りの会心の当たり) 
8番 松田 レフトへ2ランホームラン!! 6-4 (流れ上、そうなるわな)

こんな打たれ方をした川上は見たことがない。こんないい当たりが続いたホークス打線も今年見たことがない。(しかもホームランに至っては9試合ぶりのこと)
川上の持っていた‘見えない運’をもらった感じで、すべて文句無しの長打ばかり。ナゴヤドームでこんなことがどれぐらい稀かは、阪神ファンならみんな分かると思いますが、たった1つボールを投げ損ねただけなのに・・・

この回の6点しか点が入らなかったの今のホークスらしいところも、6-4の逆転勝ち!
どれだけいいピッチングをしても勝てなかった杉内の負けも消え、連敗もストップ。
王監督も試合後のコメントで「奇跡を起こした」と言っていましたが、まさしくそんな勝ち方でした。この日の勝ち投手は来日初登板のスタンドリッジ。5回裏0-4での登板で、誉められたピッチングではありませんでしたが、簡単に初勝利をゲット!
どうやら‘勝ち運’はこの人に。

こうなれば次の24日(日)も負ける訳がない。
見事に打線がつながり9-2の完勝。阪神ファンがうらやむナゴヤでの連勝となりました。
それなりに上位にいるホークスですが、やっと見どころが出てきた2日間で、せっかくもらったいい流れを他に渡さないように祈るばかりです。

「これは見に行った人はかなり満足やろうなぁ~」
見に行こうかなと思ったことを忘れさせてくれるナイスゲームでした。

関連記事:
  • 今井直人
  • ファイターズ優勝パレード
  • 職人荒木選手のバント失敗
  • ありがとう 佐賀北高校
  • 「宇治山田商 vs 佐賀北」

  • カウンセリングサークルワイズ » » 今井直人のブログ » »勝ち運