カウンセリングサークルワイズ » » 今井直人のブログ » »ファイターズ優勝パレード

ファイターズ優勝パレード

あっけなく日本シリーズも終わり、野球の話題は星野ジャパンに移っている中、11月24日にファイターズ優勝パレードが行われました。ドラゴンズの優勝パレードもスポーツニュースでは見ましたが、ホークスファンとしては特に興味のないもので、いいなぁぐらいのもんでしたが。

先日、ファイターズのパレードがGAORAでやっていたので見てしまいました。しかも真夜中の再放送で。今、奈良でこれを見てる人は何人いてるんやろ?と思いながら。

なぜ見ようと思ったかと言うと、とにかく寒そうだったから。前日までの雪が残り、選手もファンもかなりの重装備。11時からの開始も、当然その前からみんな待っている訳で、ちょっとかわいそうでした。出発の大通り西6丁目の辛そうなセレモニーも終わり、ようやく出発。

1度だけ行った札幌の記憶を辿りながら、駅前通りから気づけばゴールのススキノまで、結局セレモニーから約40分間のパレードまで見ていましたね。ヒルマン監督は雪が舞えばいいのに、と言っていたようですが、パレード開始に合わせてちらつき始めますます寒そう。パレードが盛り上がるのかとの思いも、沿道のすごい人・人・人。100トンとも言われる紙吹雪が舞い上がり、それは圧巻でした。

昨年はまだ新庄というスターがいましたが、今年のスターダルビッシュは星野ジャパンで不参加。他のジャパン参加選手にセギノールも居らず、有名人と言えば引退する田中幸雄さんぐらい。(マニアの自分としては全然問題ないのですが)
関西では阪神に移籍の決まった金村投手はよく映っていましたが、まだチームとしては地味な印象は拭えず、ヒチョリ選手にヒルマン監督が目立つぐらいで。

それでも今年でお別れのヒルマン監督に‘ありがとう’の声が飛びかい、選手にも大きな声援が。選手もそれにしっかり応え、沿道にいた大沢親分にも気づいてしっかり挨拶。(監督はじめこの人には頭が上がらない様子)
途切れない紙吹雪に雪が混じり、ビルから手を振る人、子供からお年寄りまで声援送り、地域に愛されている姿がすごく印象に残りました。現場でなくても十分でしたね。(そもそもファンではないので行きませんが。近くやったら行くかな?)

パ・リーグは地域密着のフランチャイズ制が機能するようになりました。今年は特に楽天のファンが増え、仙台でパレードが行われる日も案外近いのかも知れません。選手を応援するのも1つですが、球団を応援する理想の姿を札幌で見せてもらった気分です。
寒さも札幌ならではの演出とも思え、よりその温かさが伝わったのかも知れません。
いいものを見せてもらいました。

最後に率直な感想を2つ。
来年は福岡で日本一のパレードが見たい。
あの紙吹雪はどうやって掃除するんやろ。(寒い中大変やで~)

関連記事:
  • 今井直人
  • 職人荒木選手のバント失敗
  • ありがとう 佐賀北高校
  • 「宇治山田商 vs 佐賀北」
  • ブレイブストーリー

  • カウンセリングサークルワイズ » » 今井直人のブログ » »ファイターズ優勝パレード