カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 上野浩子のブログ

色と右脳とアートセラピー

アートセラピーというと身構えてしまう方も多いかと思いますが、私たちは知らないうちに色の効果を生活の中で取り入れています。
たとえば、今日着る服やハンカチ、靴、鞄などなど、知らないうちに今日の自分の波長(気分、気持ち)に合った色を選んで身に着けています。

いつもの組み合わせがどうも気に入らなくて鏡の前で悩んだ経験はありませんか?
そして、悩んだ結果、これだと思う組み合わせが決まると、妙に落ち着いたり…。これが色の効果です。
アートセラピーではそんな色を使っていろいろな作品を作成します。
自分の気持ちが沈んでいるときは、作成するのがしんどい時もありますが、そんな時は無理に作成する必要はないので、作成しないことを自分が選ぶのもOKです。

アートセラピーの場に足を運んで、他の参加者の作品をみたり、シェアに参加してください。それでもきっと気付きはあります。お休みを自分が選ぶのも、もちろんOKなんですが、自分の経験からしんどい時もアートセラピーをした方が楽になりましたから、参加することをおすすめしますけれど。問題は別のことでもなにか関連した気付きがあったり、自分自身の気持ちが整理されるからでしょうか。

私たちの生きる社会は左脳優先で、考えてばかりいます。頭でのみ考えると、~しなければならない、~するべきだと世間体で行動します。置き忘れている、右脳は感情に働きかけるので、~したい、~欲しい など自分自身の心からの欲求が表れます。

自分自身の欲求にふたをするのではなく、右脳、左脳の妥協点を見つけて行動できると、責任のとれる、自分らしい私たちで居られるのだと思います。

左脳は嫌でも日常生活で使う世の中です。右脳はなかなか使えません。色を使い感じることは私達の右脳の働きを使っています。アートセラピーでは色は勿論つかいますし、イメージを使って作品を作成するので思いっきり右脳を使います。アートセラピーで思いっきり右脳を使いましょう♪そして、本当の自分の欲求を探す・気付くきかっけになると嬉しいです。

アートセラピーとの出会い

私がアートセラピーと出会ったきっかけをお話ししたいと思います。当時通っていた心理学の講座の中で、色の心理的意味の授業がありました。その時にした簡単な色をぬるワークが、その時の気持ちをズバリ色が表していたんです。それから色の心理的な意味にとても興味がわきました。その時は、心理学講座で勉強した事を伝えていきたいと思っていました。でも心理学というと、一般に受け入れにくいのでは?色彩心理から入ったら受け入れられやすいかも?と思いアートセラピーの講座に行く事にしました。自分的には術を学ぶ感覚でした。これがアートセラピーに出会ったきっかけなのですが、

…一回目の講座で私の甘い考えは打ち砕けました(-_-) こちらが、分析して相手の方の気持ちを知る手段ではないということを知りました。まず、たくさんの色がある。たとえば赤ひとつを考えても明るい赤から暗い赤、オレンジぽい赤からピンクぽい赤。そして赤を書いても補色(裏の色とでもいいましょうか)の色を感じているかもしれない…。明度などで意味もかわりますし、一人一人の生きて来た環境、その中から感じる色の捕らえ方、など違うので決め付けられない、デリケートなもの。なので他人が解釈なんてとんでもないです。

当日のワークで、たくさんの気付きがありました。今まで自由に生きてきたつもりでいましたが、ある一定の枠の中での自由な行き方しかできていなかったと。真っ白の画用紙を自由に使って下さいの言葉にどうしていいのか戸惑いました。取り合えず、書き始めましたが、画用紙からはみ出さないようにしている自分がありました。私は自分自身が決めるいろいろな制限から、枠から出たかったのです。いろいろなワークをするなかで少しづつはみ出る事が出来るようになりました。そうなって来た時、私はいろいろな事を始めていたように思います。

それからのワークでもいろいろ気づきをもらいました。自分が思う良いことも、悪いことも・・・とくに悪いと思う感情が自分自身の思い込みであることだったと理解できたことが私にとって一番の救いでした。

私は自分の辛い感情を言葉で表すのが苦手でしたが、アートセラピーでは作品にでてしまう(自分がそれについて話さなければそれまでですが)ので、私には合っていたんだと思います。どんな感情も心に留めているから苦しいんです。
心に留めて居る限りその感情から開放されることはありません。

・・・アートセラピーを学ぶきっかけとはうらはらに、アートセラピーにすっかり魅了されました。そしてたくさんの方にアートセラピーを知ってもらいたいと思っています。

アートセラピーって?

アートセラピーはご存知でしょうか?

医療機関や老人介護施設、子供対象で行っているもの、震災などのショックな出来事があった後に心の癒しで行っているものは、よく知られていると思います。これらは主に絵や作品を楽しんで作成してもらい、言葉では表現できない様々な気持ちを作品で表現してもらい、発散したり開放をサポートするのが中心です。

それから発展して、絵を書いたり様々な素材で作品を作成する中で、自分自身でも気づいていない深いところ(無意識)にある思いを作成の過程の中で発見していくものでもあります。発見=気づき=行動(自己成長)です。

絵や作品の上手い下手は関係ありませんし、作品で心理テスト的に、セラピストが判断や診断するものではありません。
自分自身のことは自分が一番知っているのですね。それに気づく為の手助けをするのが、アートセラピーでありセラピストの役割だと思っています。

自由に楽しんで自分の思いを表現し、今の気持ちを頭で考えるのではなく、心で感じてください。心で感じると答えが出てくるのです。

アートセラピーのなかでもいろいろな手法があります。このブログで紹介していきたいと思っています。いろいろな手法のアートセラピーを是非体験してみてください。そして自分に合うアートセラピーを見つけて欲しいと思います。

アートセラピールームの扉

初めまして~ひろこです(^-^)アートセラピールームへようこそ!アートセラピーって?思う方、知らない方に広めたいと思っています。私が作成した作品を通じて感じたことや活動内容を中心にしています。
そのなかでアートセラピーとはどんなものかを感じていただけたらと思います。
興味ある方はもちろん、興味ない方も扉を開いて入ってみてくださいね(^^)
http://happy-heart-time.at.webry.info/


Page 2 of 2«12

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 上野浩子のブログ