カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ

ファイターズ優勝パレード

あっけなく日本シリーズも終わり、野球の話題は星野ジャパンに移っている中、11月24日にファイターズ優勝パレードが行われました。ドラゴンズの優勝パレードもスポーツニュースでは見ましたが、ホークスファンとしては特に興味のないもので、いいなぁぐらいのもんでしたが。

先日、ファイターズのパレードがGAORAでやっていたので見てしまいました。しかも真夜中の再放送で。今、奈良でこれを見てる人は何人いてるんやろ?と思いながら。

なぜ見ようと思ったかと言うと、とにかく寒そうだったから。前日までの雪が残り、選手もファンもかなりの重装備。11時からの開始も、当然その前からみんな待っている訳で、ちょっとかわいそうでした。出発の大通り西6丁目の辛そうなセレモニーも終わり、ようやく出発。

1度だけ行った札幌の記憶を辿りながら、駅前通りから気づけばゴールのススキノまで、結局セレモニーから約40分間のパレードまで見ていましたね。ヒルマン監督は雪が舞えばいいのに、と言っていたようですが、パレード開始に合わせてちらつき始めますます寒そう。パレードが盛り上がるのかとの思いも、沿道のすごい人・人・人。100トンとも言われる紙吹雪が舞い上がり、それは圧巻でした。

昨年はまだ新庄というスターがいましたが、今年のスターダルビッシュは星野ジャパンで不参加。他のジャパン参加選手にセギノールも居らず、有名人と言えば引退する田中幸雄さんぐらい。(マニアの自分としては全然問題ないのですが)
関西では阪神に移籍の決まった金村投手はよく映っていましたが、まだチームとしては地味な印象は拭えず、ヒチョリ選手にヒルマン監督が目立つぐらいで。

それでも今年でお別れのヒルマン監督に‘ありがとう’の声が飛びかい、選手にも大きな声援が。選手もそれにしっかり応え、沿道にいた大沢親分にも気づいてしっかり挨拶。(監督はじめこの人には頭が上がらない様子)
途切れない紙吹雪に雪が混じり、ビルから手を振る人、子供からお年寄りまで声援送り、地域に愛されている姿がすごく印象に残りました。現場でなくても十分でしたね。(そもそもファンではないので行きませんが。近くやったら行くかな?)

パ・リーグは地域密着のフランチャイズ制が機能するようになりました。今年は特に楽天のファンが増え、仙台でパレードが行われる日も案外近いのかも知れません。選手を応援するのも1つですが、球団を応援する理想の姿を札幌で見せてもらった気分です。
寒さも札幌ならではの演出とも思え、よりその温かさが伝わったのかも知れません。
いいものを見せてもらいました。

最後に率直な感想を2つ。
来年は福岡で日本一のパレードが見たい。
あの紙吹雪はどうやって掃除するんやろ。(寒い中大変やで~)

職人荒木選手のバント失敗

今年のプロ野球セ・リーグは3強の歴史的争いと言われました。昨年までとは比べモノにならないぐらいみんなが好成績のジャイアンツに、もうひとつ波に乗れないドラゴンズ、そして前半戦は打てなくて苦しんだタイガースが、終盤日替わりに順位が変わる混戦となりました。明らかにドラゴンズとタイガースは昨年の強さはなく、それでいて優勝争いをしている意味では、この2チームの地力を物語っているようです。

そんな中タイガースが10連勝で首位まで突き抜け、大阪のマスコミでは阪神優勝を確信するような番組や記事が多くなりました。案の定、10連勝の反動は大きく、9月14日の阪神vs中日の9回表、藤川がウッズに決勝タイムリーを打たれ、そこで急上昇は急降下に向きを変えてしまったようです。11球すべて直球勝負は、場面を考えれば、打たれた以上ちょっと解せない投球でした。

タイガースはヤクルト・横浜にまさかの3タテでトドメを刺され、再度9月27日に甲子園でドラゴンズを迎えることとなりました。2週前とは状況一変、優勝争いから脱落し元気のないタイガースに、もう負けられないドラゴンズの戦いに。阪神ファン(=アンチ巨人)からすると連敗は止めて欲しいが、勝つとジャイアンツに優勝が近づくという何とも微妙な試合で、開始から何とも言えない感じでした。
負けたくないともう負けられないの緊迫感、この試合でそれが見えたのがドラゴンズの荒木雅博選手でした。

初回、先頭の井端が粘ってヒット、そして堅くここは荒木で送りバントのはずが、ピッチャーフライでバント失敗。バントの名手としてはあまり見ない光景でした。当然のこと、冴えない表情でしたが、3回表に同じ場面が。
先頭の井端がヒットでもう一度荒木のバント。ところが今度はキャッチャーフライと2打席連続の失敗とこれは珍しい光景でした。ベンチの荒木選手の様子をテレビで何度もう映していましたが、タオルを頭から被り、肩を落とす姿はチームの悪い雰囲気を一人で背負っているような感じでした。

というのも、ドラゴンズは前日のジャイアンツ戦の初回に4点を取ったものの、その後それがウソのようにチャンスを潰す拙攻の連続。この日も同様、次の4回まで残塁の山で完全に便秘の症状でした。そしてまたまた5回表に荒木登場。

先頭のピッチャー川上のツーベースに、続く井端はフォアボール。ノーアウト1・2塁。タイガースとともに荒木のピンチに。この日の井端は人が悪いように見えるぐらい塁に出ていました。

さぁ、どうする?
2番バッター、0-0、負けられない試合、拙攻の山、エースが投げている、常識的には送りバントの場面。しかしバッターは2打席バント失敗の荒木。さすがに心情を察してか落合監督が登場し、なにやらボソボソ。

1球目はバントせず2球目を思い切って強振!
あろうことかレフトポール際へのホームラン!(なんでやねん)
散々チャンスを潰してきて、こんな形で点が入るとは・・・しかも今シーズン第1号で。

もし、第1打席でバントが決まっていればこの打席もバントだったでしょう。もし第2打席でバントを決めていても、この打席はバントだったはずです。またこの打順の巡り合わせもなかったかも知れません。ベースを1周する荒木選手はニコリともせず、到底大事な試合で先制3ランを打った人には見えませんでした。

荒木選手と言えばマジメなサラリーマンのようなイメージです。控えめで決して目立つようなタイプではありません。春にインタビューで甲子園の阪神戦のことを聞かれ「ベンチの上からでもヤジがすごくて怖い」と言っていたことを思い出しました。「ただその人に挨拶をすると‘お前だけは応援したる’と言われて面白い」というようなことも言っていましたが、ホント人柄がよく表われていたように思います。

名手・職人と言われる選手であっても逆境はあるようです。荒木選手はホームランを打つことが仕事ではなく、バントを決めることが2番バッターの役目だと思っているはずで、全然嬉しそうな顔はしませんでした。おそらく試合後もそうだったと思います。それでもその責任感と何とかしようとする必死さが、1本も出なかったホームランを生んだようです。

やっぱり神様は見てるんですかね。

次の第4打席は完璧なセンターヘのヒット。迷いが吹っ切れ、躍動感が戻ったようでした。

ありがとう 佐賀北高校

過去最多の73イニングを戦った今年の佐賀北高校。開幕式直後の初戦、福井商業との一戦を見て、以前の駒大苫小牧高校と何かダブルものを感じました。小柄な選手に目いっぱいの守備、送りバントの徹底、そしてホームランと‘The 高校野球’というチームでした。

そして2戦目の宇治山田商業との延長15回再試合は、両チームのキャッチャーの肩の強さと野手のファインプレーが光りました。2試合目は9-1と前回書いた通りでしたが、存分に力を発揮したゲームでした。ここから観衆を味方につけていったように思います。観戦した人は応援したくなる何かが必ずあったはずです。

4年前、北海道では最強と言われた駒大苫小牧は、甲子園初勝利を目指して8-0とリードしていました。ところが台風の影響でゲームは中止。再試合は2-5で負けと神様は味方せず試練を与えました。この試合を見た人も応援したくなる何かを感じたはずです。
その後、翌年は北海道勢としては初の優勝、それ以上に厳しく素晴らしいゲームの数々に感動し、そして更に連覇、昨年こそハンカチ王子に決勝再試合で負けましたが準優勝と、今では高校野球になくてはならない高校となりました。

今大会の佐賀北も同じく、試合毎に逞しくなり3回戦の前橋商業とは5-2と完勝。準々決勝の帝京戦は本当に面白く、弱い者が強い者に向かっていくようなゲームでした。3-3に追いつかれてから、毎回毎回ピンチの連続。ライトからの好返球にスクイズを2度ホームでタッチアウトと、信じられない粘りを見せ、この試合もまた観衆の拍手を誘いました。

準決勝の長崎日大戦は3-0と、左の馬場君と右の久保君の危なげない完封勝ち。ところがこの長崎日大には練習試合でコールド負けするぐらいで、今まで一度も勝てなかった相手だそうです。ここまで周囲の心配をよそに全く疲れを見せない選手たち。そして日増しに増えていく応援団。驚いたことに佐賀大会の決勝で負けた鹿島高校の選手たちが甲子園まで応援に来ていました。

そして決勝戦。駒大苫小牧の4年連続の決勝進出と常葉菊川の春夏連覇を阻止した広陵が相手。東の横綱を倒したとはいえ、すべてに一枚上の下馬評。ただどのチームよりも初日から長く試合した経験と勢い、そして神を味方にしていました。
試合は全く広陵ペース。2回で馬場君がノックアウトされ2-0、その後無失点を続ける久保君がしのいだものの、7回に2点を相手投手の野村君に打たれて取られ4-0。ほぼ万事休す。攻撃もその野村君を全く打てずに7回までわずか1安打。
帝京戦も同じでしたが、3回から8回まで毎回2塁打を打たれ、逆によく4点で収まっているなぁと思えるぐらいの防戦一方。それでも0に抑えていた守りに、野球の神様がいるように思えてなりませんでした。

そして帝京戦でもセンター馬場崎君のファインプレーの後、打席が回り、ヒットを打ってサヨナラにつながったように、ここも8回裏に唯一ホームランを打てる副島君に回ってくるこの巡り合わせ。宇治山田商戦でもエラーした田中君にチャンスが回ってタイムリーヒット、前橋商戦でも相手投手にホームラン打たれたその裏に、馬場君がランニングホームランを打ったりとすべてに筋書きがあったように思います。

逆転満塁ホームランを打つ前の球場の大声援、判官びいきもあってか異様とも思える雰囲気の中、それまでの三振続きがウソのような文句無しの一発。野球の神様が姿を現わした瞬間でした。審判の判定も9回の3塁タッチアウトもそれしか説明がつかない気がします。
開幕戦を制しての優勝は13年前の佐賀商業以来、そしてその時も満塁ホームランでの決着となりました。

今年は特待生制度が問題となる中、普通の県立高校生が優勝するというドラマがありました。49代表すべてにドラマがあります。たまたま初日に出会い一番長くいいドラマを見せてもらいました。テレビ新聞で‘がばいミラクル’と名づけられたこの感動は、また来年思い出すこととなるでしょう。ホントに毎年、夏の高校野球はハズレ無しです。

ちなみに優勝校を当ててもゲームは負けました・・・なんとか勝ちにしてくれんかなぁ。
こちらは毎年ハズレです。

「宇治山田商 vs 佐賀北」

今年も自分の中での夏の風物詩、高校野球が始まっています。今年もマジメにインターネットで研究し、テレビで抽選会を見て予習もOK。子供の頃よりよっぽど今の方が、力が入っています。というのも友達同士で毎年ゲームをやっているからで、それで今年の自分なりの注目は、宇治山田商業と佐賀北でした。

まず宇治山田商業は、たまたま5月にスポーツ新聞の隅に見た春季高校野球東海大会決勝のちっちゃい記事。もちろんランニングスコアだけで、宇治山田商(三重1位)13-10中京大中京(愛知1位)でした。ところがよく見ると、中京の10点は最終回に挙げたもので、守ってる方の心境を考えただけで興味深いものでした。13-0からまさか負けることはないにしても、点差が詰まるにつれその‘まさか’がドンドン近づき13-10に。
油断した訳でも手を抜いた訳でもないはずで味わったこの緊張感。すごくいい体験をしたのでないでしょうか。考えただけでも胃が苦しいですが。

負けた中京のあきらめない気持ちもたいしたものです。13-0で終わるのとでは雲泥の差です。最後に生まれた一体感は素晴らしいと思います。
「13点取られても14点取ってやろう」人生と同じですね。

ちなみに中京大中京は愛知県の決勝で愛工大名電に7-5で敗れました。9回表に2点を勝ち越されての惜しい負け。甲子園に出られなくても得たものは大きいように思います。

もう1つの佐賀北高校は県立校で特に前評判もなく目立たずでしたが、県大会の結果を見てピンと来たのと、オープニングゲームを勝てば勢いに乗るかなぐらいな感じでした。
開幕式の後の福井商との試合はすべて見て、2-0の完封勝ち。予想以上に左右2人のピッチャーが良くて、手応えありでした。そして2回戦で予定通りこの2校が対戦することに。

結果は延長15回4-4の引き分け再試合。前半は完全に佐賀北のペースで、やはり1度試合をしている方が有利に思えましたが、後半になってからは全くの互角の戦い。ところが延長になってからは両方とも得点の入る気配がないぐらいの投手戦で、しかもファインプレーの連続。1球1球に選手も観客も、もちろんテレビの前の自分も集中してしまうぐらいの白熱した熱戦でした。昨年の決勝戦、早稲田実業と駒大苫小牧が記憶に新しいですが、心情が入っている分、たとえ2回戦の1つであっても感動に何も変わりはありません。

大阪で何のゆかりもない三重県と佐賀県の対戦を1球も見逃さず真剣に見ているのは、自分だけではないかと思いながらも、あっという間の15回裏。
そして試合終了後、観衆が立ち上がっての拍手。球場の温かさがテレビでも十分に伝わってきましたが、負けられない緊張感から選手も観客も解放されたようでした。アルプススタンドの応援団・OB・出身県の人・近所の人・たまたまこの試合を見に来ていた人、そんなすべての人を一体にし感動させる高校野球は素晴らしいと思います。

中1日おいての再試合は9-1で佐賀北が勝ちましたが、その後の佐賀北の戦いを見れば分かるように宇治山田商の評価が下がるものではありません。
毎年毎年いいものを見せてくれますが、今年もまたこの試合に1つ感動をもらいましたね。

その後の佐賀北の躍進は次回に書かせてもらおうと思います。
今は自分が注目した2校が引き分け再試合という、もう2度とないような珍しいことやねんから、何とかゲームは自分の勝ちにしてくれんかな、と思うばかりです。

ブレイブストーリー

ようやく読み終わりました。電車の中でちょっとずつ読んでいたのですが、なかなか進まなくて。間が開くと登場する人物や町のカタカナが読みづらくて・・・。

そもそも読む?と聞かれて、2つ返事で「うん、読んでみる」と言ったのが始まりで、まさか500ページぐらいあるのが上・中・下と3冊も出て来るとは思いませんでした。好奇心が裏目に出た感じですが、まずは読んでみようということで。

宮部みゆき原作のファンタジー小説であることは、みんなが知っていて本を読む人が多いことに驚きました。途中テレビで劇場版をやっていたように思いましたが、見てしまうと読まなくなりそうで止めました。ネットで感想書いている人を拝見すると、登場人物の人となりが希薄で、もう一つ伝わらなかったようです。
主役の平凡な小学生ワタルや、親友のカッチャン、転校生の美男子で超頭が良いミツル、父や母との関係や周りの人間模様に時間をかけれなかったのも仕方のないことでしょうね。本では登場人物のことをおよそ4分の1使って書いているのが、この物語の特徴の1つだと思います。なかなか進まない原因の1つでもありましたが、後々その丁寧に描かれていた意味を掴めた気はしています。

時間内に収めるには相当省かないとダメなのが難しいところですが、運命が変わるかもと飛び込んだ「幻界」での冒険の場面は、テレビの方が分かりいいのではなかったのでしょうか。と言うと、「全然わかってないなぁ」と言われるので書きますが、この「幻界(ヴィジョン)」という「現世(うつしよ)」と一対となったファンタジー(ゲームの世界)を、葉の力で綺麗に描いているところも大きな特徴です。だから読む人それぞれの世界が広がるのです。「幻界」での登場する登場人物?や町の風景など、自分の想像とテレビの映像との差を見てみたいですね。
ただこの町やキャラクターがカタカナばかりで・・・。

自分の運命が変わるかも知れない、願いが叶うかも知れない、いや叶えるためにミツルの後を追って旅に出たワタル。すべてにおいて優れているミツルに一目を置きながらも、いろいろな困難に立ち向かって行くうちに、今までの自分とは思えない勇敢な少年になって行く。そしていつしか自分の願いを叶えることに迷いなく進むミツルと、自分の願いより「幻界」で出会った仲間や平和を優先するワタル・・・。

たとえ願いが叶い運命が変わったとしても、その運命の中で辛いことや悲しいことが起こればまた同じことの繰り返しじゃないかと気づき、「運命を変えることとは、運命に立ち向かえるように自分が変わること」「自分の運命を変えるのも切り開くのも自分なんだ。」
だという答えを自分で見つけ出しました。
ワタルは楽しいこと悲しいことの経験を積み重ねることで、自分ひとりでは何も出来ないことを認め、あるがままの人生を受け入れました。そして自分本位ではない優しさを持ち続けることの尊さを教えてくれました。

最初本を手にした時の印象はゲーム好きの子供の話でしたが、全然違う人間の持つ欲望の深いところ大人の話で、カウンセラーのカウンセリングのようでしたね。
何も変わっていない「現世」に戻ってもガッカリせず、自分だけの再会に喜ぶワタルに強さを感じ、本でありながらホッとしました。

夏休みの読書感想文はこれで完了です。

勝ち運

6月23日(土)ナゴヤドーム ドラゴンズvsホークスの3回戦。
日程を見た時に、正直見に行ってもいいかな、と思ったのですが、結局テレビ観戦になりました。

交流戦で唯一セ・リーグの球団に負け越しのなかったホークスも、今年はあろう事か巨人に4連敗と今や横浜のエースになった寺原にやられるなど、その自慢もなくなってしまいました。特に巨人戦は負け方が最悪で、ガッカリの一言です。
今年初めてホークスの話題を書く訳ですが、前評判ほどの強さはないと思っていた以上に不甲斐ない試合が多く、あえてここで書くこともない状況でした。

ここまで孤軍奮闘していた杉内がこの日の先発。前回の巨人戦は7回まで2塁ベースすら踏ませていなかったのに、8回に高橋由伸に3ランホームランを打たれて撃沈。しかしそうなったのもその前の阪神戦がもっと可哀想だったからで、布石はありました。

雨で試合時間が1時間以上遅れ、1-0でホークスリードの5回裏、阪神の攻撃も2アウト、ところが凄い大雨。バッター桜井に対してあと1球ストライクが入らずフォアボール・・・で試合中断。小雨になってグランド整備してまた1時間以上待たされゲーム再開。おそらくあと1つのアウト、いやストライクを取っていれば1-0でゲームセットになっていたはずの土砂降りでした。その後、1-0のまま9回裏阪神の攻撃。ここまで時間にして5時間以上投げつづけた杉内も案の定というか1点取られ、勝ち投手にはなれませんでした。結果、延長で林にホームランを打たれサヨナラ負けと、冴えないチームの典型の試合ですが、あの1球で勝ち運が逃げたようです。

この日の杉内はパ・リーグ最多勝の面影はなく、初出場の柳田にプロ初ヒットとプロ初ホームランをサービスし早々に降板。前半5回を終わって0-4でドラゴンズリード。ナゴヤドームではよくある光景で、ドラゴンズファンは当然としても、おそらく球場にいるすべてに近い人がいつもの試合を思い描いたはずです。相手の先発は交流戦に入って4戦4勝の不動のエース川上憲伸。ホークス5連敗確定?
 
6回表、ホークスの攻撃。先頭本多の当たりはやや高いバウンドのピッチャーゴロ。俊足とはいえ普通にプレーすれば何でもないところ、ボールが手につかず投げた先が1塁ではなく真上に。滅多に見られないプレーで、ノーアウト1塁。しかし0-4。
交流戦前の巨人戦から5連勝中だった川上。もし‘勝ち運’というモノがあるとするなら、それが手から離れるのが見えた瞬間でした。その後・・・

3番 川崎 右中間3ベース! 1-4 (もう1点はいるかな?)
4番 小久保 センターオーバー2ベース! 2-4 (きれいに追加点)
5番 多村 三振 (ここまで2安打で一番打ちそうやったのに、ここまでか~)
6番 柴原 ライト線2ベース! 3-4 (おーっ 珍しくつながった)
代打 吉本 右中間2ベース! 4-4 (打ちそうな雰囲気通りの会心の当たり) 
8番 松田 レフトへ2ランホームラン!! 6-4 (流れ上、そうなるわな)

こんな打たれ方をした川上は見たことがない。こんないい当たりが続いたホークス打線も今年見たことがない。(しかもホームランに至っては9試合ぶりのこと)
川上の持っていた‘見えない運’をもらった感じで、すべて文句無しの長打ばかり。ナゴヤドームでこんなことがどれぐらい稀かは、阪神ファンならみんな分かると思いますが、たった1つボールを投げ損ねただけなのに・・・

この回の6点しか点が入らなかったの今のホークスらしいところも、6-4の逆転勝ち!
どれだけいいピッチングをしても勝てなかった杉内の負けも消え、連敗もストップ。
王監督も試合後のコメントで「奇跡を起こした」と言っていましたが、まさしくそんな勝ち方でした。この日の勝ち投手は来日初登板のスタンドリッジ。5回裏0-4での登板で、誉められたピッチングではありませんでしたが、簡単に初勝利をゲット!
どうやら‘勝ち運’はこの人に。

こうなれば次の24日(日)も負ける訳がない。
見事に打線がつながり9-2の完勝。阪神ファンがうらやむナゴヤでの連勝となりました。
それなりに上位にいるホークスですが、やっと見どころが出てきた2日間で、せっかくもらったいい流れを他に渡さないように祈るばかりです。

「これは見に行った人はかなり満足やろうなぁ~」
見に行こうかなと思ったことを忘れさせてくれるナイスゲームでした。

阪神タイガース 金本知憲

今回はホークスではなくタイガースの話題を。開幕して打てない試合が続きやや足踏み状態のタイガースでしたが、ようやく打線に復調の兆しが見えてきました。そもそもオープン戦の序盤が勝てず、逆に後半戦に向けて連勝が続き下降線でシーズンに突入した感じだったので予測はできましたが、なにせ関西地区ではタイガース一色のテレビや新聞では少し大げさに書かれてしまいます。

以前は必ず地上波で巨人戦の中継があったのが、今では阪神戦が必ず中継があるという状態で、サンテレビ頼みだったひと昔前を思い出します。近頃よく聞かれる野球人気がというつまらない話題はここでは全くの愚問です。今ではCS放送で全試合見られる自分としては、情報があまり阪神一色になるのもファンが育たない原因になると思うのですが。

シーズン前は対ドラゴンズをどうするかという話題で持ちきりでしたが、そのせいもあってかドラゴンズには審判も味方して2勝1分と負けず。けれどそう上手くも行かないもので逆に最近カモにしていたジャイアンツに負け越し、昨年4回しか負けなかったベイスターズにも早くも2回負け、その反動が来ているようです。ただ昨年も5月までは5割前後だったことを思えば何の心配も要らないようですが。

そんなシックリ来ない中、孤軍奮闘しているのがアニキ金本選手です。先日4月3日、自らの39歳の誕生日に満塁ホームランとピンチを救うホームへの好返球!をはじめ、チームの顔の活躍を見せ、責任感を感じさせてくれます。
そんな金本選手は昨年まで番組で「甲子園でのホームラン1本につき、家族4名熱海温泉旅行」をプレゼントしていました。ところが今年は「家族4名ハワイ旅行」にグレードアップ。この時点ですでに3組がハワイ確定で、高年俸の還元とは言いつつも人としての大きさがすごく感じられます。よくテレビで島田紳介さんのトークにも名前が出てきますが、懐の深い人のようですね。
正月の広島での番組にも出演していましたが、やはり広島の選手のことは今でも気になるようです。阪神で優勝した時も広島で優勝できなかったことが心残りという発言を聞いて、人望の厚い理由が分かったような気がしました。ちなみに金本選手が阪神に来て一番変わったことは、選手がケガをしても休まなくなったことです。

後輩選手の奮起を促すために、賭けをしてご褒美をあげる話はよく記事に見ますが、今年は田中秀太選手のヒット数と自分の満塁ホームランの数で時計を賭けているというのは有名になりました。いくら守備固めが多いと言ってもヒットと満塁ホームランでは秀太選手丸儲け?の気がしますが、今のところ先程のバースデーアーチで1-0金本リードです。
今年マニアの注目は、今期妙に穏やかな表情が多い岡田監督、雨の中大変やな~と思わせるジャン投手の汗、そして秀太選手の数少ない打席になりそうです。

今年からクライマックスシリーズということで、セ・リーグも昨年までで言うところのプレーオフが始まります。まずはタイガースが勝ち進み、盛り上がったところで最終決戦でホークスと日本一を争うシーズンになればいいですね。

大相撲春場所

早いもので大相撲の季節になりました。ニュース的には大阪に春を告げる大阪場所
ということになるのでしょうが、個人的にも「もう?早いなぁ~」そんな感じです。
というのもアルバイトに行っているからで、今年で4年目になります。この仕事だけは1日仕事でもなく声をかけてもらうので今でも続けているのですが、大学生を中心に若い子ばかりで、ここではおっさんなのでちょっと浮いてますね。

小・中学生の頃が一番相撲を見ていたでしょうか、千代の富士の強かったことを覚えていますが、親方になった今でも1番人気のあるのはこの人です。現役時代のシコ名で言うと武蔵丸の大きさはかなりもので、寺尾はかっこいい人、貴乃花はムッとしていて、解説に来る舞の海は普通の人です。まだまだいろいろな親方衆を見かけますが、残念ながら現役力士よりも人気があるのは確かです。(デーモン閣下は来るのかな?)

さすがにずっと見ていると、十両なら半分、幕内ならほぼ名前と顔が一致するようにはなりましたが、普通にスポーツニュースだけを見ているとそうも行きません。名前すら出て来ない人が多いのではないでしょうか。個性的な力士が減っているのは否めず高見盛が人気を独り占めしているのが現状です。確かに昼前から相撲をずっと見ていると時間が経つのが長いのですが、高見盛登場となると時間が早く感じるものです。

今は朝青龍の強さだけが目立ち、なかなか座布団が乱れ飛ぶことに遭遇しませんが(注・基本的に座布団は投げるものではありません)あれは一見の価値ありです。
現在、朝青龍は4場所連続優勝、そしてこの大阪場所も3年連続の優勝と懸賞金と優勝商品をドッサリ持って帰っています。賞状・トロフィーに加え、世界の国や知事や農協・企業からだいたい1年分が贈られるのですが、ガソリン・ビール・米・梅干し・乾し椎茸・国産牛肉に野菜1トンなどその数には圧倒されますが「そんなにどうするんやろ?」と思うものも結構あります。

現状、朝青龍が強すぎるせいもあるのか‘八百長相撲’の記事が週間現代に掲載され問題となりました。そうは言うものの場所が進むに連れて顔に傷が増えていく力士を近くで見ていると、そうも思わないのですが。特に今場所はその問題の後だけに気合が入った取り組みで不信感を払拭して欲しいものです。朝青龍の優勝が13日目とかに決まるようではつまらないので。

またこの場所は新人のデビューでもあり出世披露があります。昼間は外国からの旅行者が多いのですが、この出世披露の日は遠くから家族が来られるようです。人によってはまだまだ体格差がすごいですが、客席の平均年齢を下げるためにも、将来個性的で強い力士になって欲しいですね。

ちょっと席の値段は高いのですが、雰囲気を味わうのもいいものです。機会があれば行ってみてください。ちなみに土俵に撒いている塩は食用ではないので全然おいしくないですよ。

ウソはダメ

駅からの帰り道、酒屋の前の自動販売機で100円のネクターを買うことがよくあるのですが、先日このネクターに不二家と書いてあることに気づきました。
連日の報道ではずさんな管理体制が非難され、それに伴った同族経営の社風が取りざたされています。コンビニ・スーパーでも当然のごとく商品を撤去しました。
あんなニュースを聞いては誰も口に入れようとする気にはならないでしょう。

ところが、「おいおいネクターもなくなるんちゃうやろなぁ」と心配している自分がいます。きっと調べれば怪しいものはまだまだ出て来るはずで、ネズミが走っている工場があること自体論外です。
ザ・ワイドやっていましたが、洋菓子の“シャトレーゼ”の工場では、生産ラインに入るまでに着替えから始まり、手洗い・コロコロ(粘着テープでホコリをとる)・消毒・エアシャワーなどを何度もそんなにと思うほど繰り返していました。(手に傷のある人は入れてもらえません)食品業界からすれば不二家は10分の1ぐらい社内基準が緩く「信じられな~い!」ということです。(ヒルマン監督が日本に到着して言ったかどうかは知りませんが)

ワイズへ行く途中の不二家には商品は1つも並んでいませんが、お詫びの立て板と共にオーナーなのか一人立っている人がいます。もう1週間以上になるでしょうか、末端の人は裏切られかわいそうな気がします。何か買ってあげたいですが・・・買えませんね。

前社長を筆頭に経営陣の釈明は歯切れが悪く到底納得できるものではありません。配られる資料もかなり不親切なもので、消費期限切れの使用の発覚が時系列に並んでいないなど、いやいや調べてとりあえず公表したというようなものだそうです。正直に言えばまだしも、ウソをつくとよりダメになってしまいますね。
ウソはダメです。

今もう1つ納豆が問題になっていますが、別に納豆が悪いわけではないので少し問題が違うようです。ただどちらも利益や視聴率に追われての結果なので、環境には問題がありそうです。あるある大辞典で今までいいことをいっぱい教えてもらった人も、1回のウソで信用がなくなってしまいました。ウソはいけません。
ただメールなどで寄せられた視聴者の声をニュースで聞きましたが、そんなに「怒らんでもええんちゃう?」と思ってしまいました。(NHKがやると話は別ですが)

自分もかなり基準が甘いですね。
まあ、納豆食べへんし、ネクターが売ってたらいいんですけどね。

2007年の運勢は?

あけまして おめでとう ございます
今年もお付き合いください。

昨年末には、人材育成振興会のセミナーという新しい仕事させていただき、久しぶりに緊張させてもらいました。今年も仕事はまじめにしますのでよろしくお願いします。

昨年はカウンセリングサークルワイズの方にもたくさんの方に来ていただき、いろんな人と出会うことができました。ありがとうございました。個人的にはここにも書かせてもらったこともありますが、体調も悪くいいことの少ない珍しい年で、毎年「今年も終わりか~」と感慨深くなるところ、昨年に限っては「早く終わらんかな」と思うほどでした。
なにより健康一番ですね。

一応、年明けの行事ということでおみくじを引いてみましたが“小吉”となんとも中途半端な結果でした。(今の自分にあったいい事は書いてありましたが)
六星占術も立ち読みさせてもらいました。買えと言う声が聞こえてきそうですが、霊合星人の本の一部で済むので買うほどではないんです。以前土星人の本を買った時は最後に、‘霊合星人の方はその本を買ってください’とあり、買ってみたら土星人の欄だけ読んで終了で、それ以降は立ち読みになってます。土星人(-)は大殺界のド真ん中ですが、霊合星人は対極の運勢も持つらしく、反対側の天王星人は12年周期の最高の運気です。

まとめるとすべての面において最悪だったり最高だったり、最悪が最悪でなくなったり、最悪のち最高だったりその逆だったり、交互だったり。けど根本的には最悪なのでおとなしくしてる時期ということです。
性格も一番違う組み合わせが2つ混ざっているのでよく分かりませんが、2007年はいったいどんな年になるのでしょうか。
小吉ぐらいで勘弁してくれればいいのですが。

みんなが健康で平和な毎日を送り、ホークスが日本一になることを祈るばかりです。
(なんでズレータがロッテ行くねん!!)

Page 1 of 3123»

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ