カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ

松坂投手レッドソックスへ

パ・リーグからまたひとりスターがいなくなりました。ライバルのライオンズのエースがいなくなることは寂しいことで、倒し甲斐がなくなるのは楽しみが減ることになります。個人的にはメジャーには興味がないので、メジャー志向の選手に共感はできませんが、イチロー選手のように、日本で何年もトップの成績を残す人にとっては仕方のないことかも知れません。

というのが今までの考えでしたが、最近少し変わってきました。WBCでアメリカ戦での世紀の誤審を覆して世界一になって、明らかに日本の立場が変わったからです。
先日のアジアシリーズでも、台湾・韓国のWBC優勝の日本に勝つという本気さは伝わってきたし、今最盛期のメンバーが来日したメジャー選抜が、日本選抜に5連勝したのもWBCで世界一の日本を目標にしたからです。
メジャー相手に日本ハムよりも弱いメンバーで戦った日本のそこには、今までのように本気でメジャーに勝とうという意気込みはありませんでした。

松坂投手はもう日本を卒業です。ライオンズには若手が育つ基盤があり、必ず穴を埋める選手が出てきます。だから弱くなることもなく、またパ・リーグにはスターが育つ環境があるので大丈夫です。今は日本とアメリカの立場が逆転していく過程だと思うようになりました。

60億ばかりが報道されていますが、WBCのMVP日本人プレーヤーとして認められた証拠でしょう。1万円札で重さ600kg、高さ60m。1円玉にして世界3週半と、どんな例えをされても想像できない額です。どちらにしても松坂投手なら、怪物ぶりを発揮し野球以外を含めて十分それ以上の貢献をすることでしょう。

レッドソックスといえば、リーグ発足時からの伝統のあるチームで、東地区ではヤンキースと人気を二分しているライバルで、本拠地が変形していて、レフトには大きな塀‘グリーンモンスター’があり、昔ベーブルースを借金苦からヤンキースに放出したことから優勝できなくなった、ということを覚えました。
今回のことでチームがボストンにあること、そのボストンは寒い地域で東海岸のマサチューセッツ州にあること、そこにはマサチューセッツ工科大学・ハーバード大学があること、京都市と姉妹都市であることが分かっただけでも、十分な宣伝になるのでないでしょうか。

メジャー歴代最多勝のサイ・ヤングという投手がレッドソックスに在籍していた時がありました。今でもその功績が称えられサイヤング賞という賞があります。この投手が挙げた勝利が511勝。球団が交渉権獲得に提示した額が、5111万1111ドル11セントだそうです。
それぐらいの投手になって欲しいという表われでしょう。
60億で元が取れるとか、そういうことを気にしないアメリカ的発想で大好きです。

犯罪を減らすブルーの光

先日、実家のすぐ近くがテレビに映っていてビックリしました。この地域の防犯活動で街灯がブルーで、その取材でした。奈良県のいくつかの地域で試験的に行われているもので、このブルーが犯罪を抑止する効果があるということなのです。

普通のホワイトからブルーに変わって数ヶ月が経ちますが、今はもう慣れてしまいました。最初は不気味で何か変な具合でしたが、今は駅を降りると、実家に帰って来たという感覚です。
ブルーの街灯は、興奮を抑え気持ちを落ち着かせる鎮静作用があること、時間を早く感じさせること、そして色の中で一番遠くまで見渡せるという特性があるようです。
今はまだまだブルーが少ないので、より効果的ではないでしょうか。

調べたところ、この取り組みの始まりは、日本テレビで放送されていた「謎を解け!まさかのミステリー」で、“お金をかけずに町から犯罪が消滅”という謎でイギリス南西部の都市グラスゴーの事例が紹介され、それがきっかけになったようです。
しかしながら、イギリスでの元々の狙いは景観の改善であり、この効果は副産物で生まれたものなのです。世の中には、まだまだ色を活かせることはありそうですね。
設置地域では空き巣の被害が減り、自動販売機荒らしや駐輪所の自転車盗難が激減し、成果が現れています。

高校の時、文化祭の準備の期間、教室の蛍光灯にピンクのセロファンを貼っていましたが、とても授業の雰囲気にはならなかったことを思い出しました(当たり前の話ですが)。
このブルーの地域は半年間で38%の犯罪が減ったそうですが、テレビからでもいいものはドンドン取り入れてもらいたいものです。

奈良に習い、広島・静岡・群馬そして大阪も続いて取り入れています。さらに今後並んで取り入れようとしている自治体も多く、ひょっとしてこの先、奈良ならではということでなく、日本中が青い不気味な夜にならないとも限りません。(もういいですね)

携帯を見ながら歩いている人は幽霊に間違えられますよ。

ホークス万歳

3年連続して目の前で敵の胴上げを見ることになったソフトバンクホークス。しかも西武・ロッテ・日本ハムと違うチームに負け、3年連続プレーオフ第2ステージ敗退。日本シリーズ出場はならなかったものの、本当に心を揺さぶられる熱い戦いでした。

前回も書きましたが、シーズンを6連敗で終了し、そして西武松坂に完封され7連敗。
ところが第2戦は間違いなく今年一番の試合でした。4回表の28イニングぶりの得点はカブレラの押し出し、昨日とは違いボール球に手を出さず。続く仲沢の走者一掃のタイムリー。松中の凡退を消すこの一打で、チームが一丸となったのがすごく伝わって来ました。

この2年打てずに涙を流し続けた松中は1.2打席凡退も、タイムリー2本にホームランと、今年は涙のヒーローインタビューに。責任感の強い男の言葉はお祭り騒ぎの中、この2年のファンに対しての思いで熱くさせてくれました。9回のズレータとの連続ホームランは今年のモヤモヤを吹き飛ばし、松中の喜ぶ顔を見たのはいつ以来かと言うぐらいの笑顔、そして球場左半分の黄色い大歓声は久々の感激でした。

続く第3戦、7回表、何とも言えない追い詰められた感の中、代打稲嶺のタイムリーで同点。8回表、ベンチもスタンドも絶叫のズレータ3ランホームラン!!
パナマ運河~よかろうもん!!2.3戦観に行ってる友達がうらやましい!!

第1ステージでは仲沢・的場・稲嶺とシーズン1割台のバッターがタイムリーを放ち、勝ち星のない新人柳瀬が2勝と‘予想外’のソフトバンクでした。チームがデッドボール8個当てられる中、顔付近の球にひとりピッチャーを睨みつけた大村。この睨みの後、点が入っていましたが、最終打席自分も当てられクールに1塁へ。乱闘かと思いきや‘予想外’。

第2ステージでは、シーズン同様ファイターズ投手陣を打てなかったホークス。2試合で1点ずつしかとられなかった斉藤和巳。自分の登板ではない日はベンチ横で声を出し、誰も悪く言う者は絶対にいない。守備もこのプレーオフ、後の無い真剣勝負でエラー0。最後もセンターには抜けていない。

ファイターズ森本の好走塁でサヨナラ負け。喜ぶファイターズナインの中、立てない斉藤和巳、うずくまるキャッチャーの的場。福岡に戻れなかったこの悔しさがある以上、このチームは決して弱くならない。
ソフトバンクホークス、今年もありがとう。

パ・リーグ プレーオフ

いよいよ10月7日から、第1ステージ、2位西武ライオンズvs3位ソフトバンクホークスが始まります。
シーズン終盤、3強争いから全く打てずに6連敗でかっこ悪く終了したホークスだけに、今年はややあきらめムードでした。ところが、東京にいる友達が西武ドームに観に行くと聞いてから、羨ましくちょっと野球モードに入ってしまいました。

大きな連敗の後のホークスはいつも連勝で挽回するので、逆にやってくれそうな気もします。まさか連敗して8連敗でホントに終了ということはないと思うのですが。
けど王監督が激励に来て楽天に完封負けやったしなあ・・・

西武vsソフトバンクはハズレなしの熱い試合は間違いなしです。左半分黒に黄色、右半分白に青、と球場が半々に分かれ、応援する方も気合の入るところです。一昨年の優勝を争うこの戦いも、手に汗握る好ゲームの連続でした。3勝2敗で西武の優勝でしたが・・・
昨年のロッテとの戦いも後々語り継がれるであろう熱戦でした。後がない真剣勝負の醍醐味を味わいました。3勝2敗でロッテが優勝しましたが・・・
今年は日本ハムに負けるんかなぁ・・・

今年はようやく地上波でも中継をするようです。昨年はテレビ東京だけが中継をし、パ・リーグファンからは喝采を浴びた訳ですが、テレビ局の見る目の無さにはガッカリです。
いい試合は中継しないと。なかなかの視聴率でしたが、度返しするぐらいでないと。
来年からはセ・リーグもプレーオフをすることが決まりました。巨人が弱くなったせいでしょうが、徐々にパ・リーグ主導になり嬉しい限りです。10年程前からその兆しはありましたがここに来てちょっと加速してきた感じです。
今年の中日vs阪神なら盛り上がるのに、残念。

「これからはパ・リーグです」と言ってくれた新庄選手。残念ながら引退宣言をしましたが、今年のファイターズ躍進はこの人の力です。もうひとつよくテレビで出て来るのが弱わかった阪神時代のヒーローインタビュー「明日も勝つ!!」というVTRです。この後12連敗したことを思い出します。
ファイターズは第2ステージに向けて、札幌ドームで紅白戦をしていましたが、ヒルマン監督の発案で観客はいない中、試合同様の曲をかけ、観客の大歓声という試合でした。

結果1-0 で新庄がエースのダルビッシュからホームランを打ち、唯一の得点を挙げていましたが、観客のいないスタンドにガッツポーズをし、守備につく時にもVサイン、そして試合終了後にはヒーローインタビューまでしていました。本当にエンターティナーです。

今のところファイターズが優勝しそうな雰囲気ですが、まずは第1ステージ第1戦、松坂投手を相手に斉藤和巳投手の力投に元気をもらおうと思います。
ちなみにマリナーズ城島選手が帰国し、インタビューを受けていました。
「5番キャッチャー 城島」で入ってくれへんかなー、とホークスファンみんなそう思ったはずです。勝つより点入るかどうかの心配なので、やっぱり和巳ガンバレ!!

パソコン復帰

故障していたパソコンがようやく修理から帰って来ました。いかに普段パソコンに依存しているかということを思い知らされた訳ですが、今さらながら仕事に遊びと、その働きには感謝です。自分の体調の次はパソコンで、普通であることが本当に喜ばしいことと思ういい機会になりました。

パソコンがないことで“どうしよう?”と悩んだのは最初の1週間で、無ければ無いなりに気楽なものでした。久しぶりに、急かされない開放感を味わったような気がします。
当然、ブログも「更新せえへんなあ」と思われるのも嫌でしたが、だんだんそれも薄れて行きました。
その間、ハンカチ王子も1回戦から「変わった子いてるなあ」と当然チェック済みで、その他高校野球だけでも3つはネタがあっただけに、それは残念でしたが。

言いたかったことを1つだけ。「今年の高校野球は盛り上がりましたねえ~」という言葉をテレビでよく耳にしました。去年もおととしもその前も夏の高校野球はハズレなしにおもしろいです。次は「今年のプレーオフは盛り上がりましたねえ」ということになるんでしょうか。これは専門分野なので近いうちに。

パソコンが使えなくなることに不安を覚えた今回ですが、無いことを受け入れてしまえば、今度は返って来ることに不安を覚えました。修理代のこともあり、もう少し気楽でいたいような気分でした。ちなみに何日か経っていますが、修理代の請求はまだ来ていません。
見逃してくれんかな~。

環境を変えることは少し不安なことで勇気が要りますが、不思議にその環境に慣れてしまうものです。客観的に自分を見ることはなかなかないと思うので、窮屈な生活になっている人も多いのではないでしょうか。いろいろなものに急かされるのが普通になっているところから、たまには逃げ出してみるのもいいかも知れませんね。

電車の中の風景

先日、電車の中で鼻血を出して、降りる駅までティッシュを鼻に挿してずっと上を向いている人がいましたが大変そうでした。また降りる時にドアの上に脳天を打ってホームでしゃがんでいる人がいて、なんとも言いがたい痛さのようでした。

電車で学校へ行き、会社へ行き20年になりました。20年も乗ってると外の風景を覚えますが、意外にそれほど変わってはいません。ところが車内は様相が変わってきました。パソコンを開いている人がいたり化粧する女性がいたり。パソコンをしている人は覗いてみると3人に1人は麻雀のような気がします。化粧をしてる人はちょっと前まではいなかったことで悪いとは思いませんが、男としてはできれば見たいものではないですね。

以前は競馬新聞広げるのもなかなか勇気のいることでした。しかしながら今では抵抗はありません。おかげで携帯で馬券が買えるため、電車の中でも無駄使いができるようになりましたが。

近ごろ、女性専用車両や携帯電話電源OF車両ができていますが、そこまでしないとダメなようです。マナーが良ければ当然そんな車両はいらないわけで、確かにモラルに欠ける人がわずかながらいるようです。

携帯電話については経験上、サラリーマンは会社や上司からの電話を無視するわけにはいかず電話をとってしまうようです。特徴としては口に手を当て小声で話すことです。それとは違い大声で話す若い子やオッチャンがいます。どうも感じることは大声でしゃべっている人ほど、どうでもいいような話です。「駅着いたから電話切るわ」っていう高校生がいて、「いやいや、おかしいおかしい」と思ったことがありましたが、この前同じ状況があり意外に早く2人目に出会いました。

電話するなとは言いませんが、せめて遠慮が伝われば仕方ないなと思うのですが。あと着信音がビックリする時があり、そっちをどうにかして欲しいです。終電近くになると目覚まし代わりに着信音を鳴らす人がいますが、気づかず眠ったままずっと鳴ってる人がいて、どうしようもありません。たまに海物語の回転音のオッチャンがいますが、あれもパチンコしたくなるからマナーモードにしてもらわないと。

今言えることは、マナー違反の人に注意する人もおらず、また注意しない方が害がないという“我関せず”という雰囲気が漂っていることです。現実にもめ事になっている場面を何度か居合わせたこともあり、やはり我慢するのが得策でしょうか。一番いいのは全く気にしないことですが。

先日救急車で運ばれた病院にお金を払いに行った時ですが、となりに座っていた彼女が正装をしていて、そのとなりの彼氏が普通の服でした。彼女は彼氏に「NPOを考えなー」と言っていました。彼氏は「Nは何?」と訊いて不思議には思っていなかった様子でしたが、「それは民間の非営利団体やで」と心の中で叫ぶものの言えませんでした。

いろんな人が乗ってる電車の中。みんながマナーを守りいつも平和な空間であればいいですね。くれぐれも電車の中の鼻血には注意しましょう。背の高い人は電車を降りる時も気を抜かずに。

初めての救急車

先日の日曜日、友人2人と競馬場へ。今日は最終までお金もつかな?勝って帰れるかな?などと考えながらまではいつも通り。珍しく昼からになってしまい、とりあえず着くと食べると勝ったことがない吉野家の牛丼(全国の競馬場の吉野家だけ販売)を食べる。これもよくあること。

福島7Rに武豊がスンナリ逃げていたにもかかわらず、直線無抵抗に下がって行った辺りから、どうも腹部の不快感が取れずひとり休憩。予想好きが競馬を休憩するぐらいのしんどさで、さすがに競馬はそっちのけとなった。

以前、熱があった時に救護所にお世話になったことを思い出し、救護室直行。薬をもらうも気分が悪く飲めず。救護室の人は救急車呼びましょうかと言うので、友人に相談へ。
日曜日ということでどの病院が開いているかわからないのと、家の近くでは2時間はかかるので、結局友人の「救急車にしよう、ただやし」の一言で決まりました。
「俺は救急車乗ったことないで」「いや俺は何回もあるから大丈夫やで」

救急車の中では‘これが救急車か’と浸る間もなく、救命士の人の質問攻めに唸りながら答えているとすぐに病院に到着。病院では点滴をし、1時間半程出て来なかったため、友人が家に電話をしてくれたので、点滴が終わると‘おおごと’になっていました。平日ならそうもならなかったのですが。

今回、友人の対応が早かったのですが僕に「大丈夫?」と聞いたときに「あかん。」と答えました。長い付き合いからそういう場合はウソでも‘大丈夫’と言う性格だそうで、ほんまにあかんと思ったそうです。

今思えばいい経験になりました。ひとつ怖いものが減ったような気がします。あまりいい出来事ではないですが、そんな時こそ健康のありがたさ、これからというところで競馬を止めて病院に付いて来てくれた友人、心配してくれる家族と普段なんとも思わないことが見えてくるものです。悪いことばかりではありません。
この度お世話になった方々には感謝しています。ありがとうございました。

ワールドカップ閉幕

開幕時に特に詳しい訳ではないのですが、野球ファンなりに書いてみようと思います。
熱戦の結果、あまり前評判高くなかったイタリアが優勝、今回は苦戦が予想されたフランスが準優勝となりました。どの分野も同じですが、専門家の予想は当たらないようです。

テレビではジダン選手の頭突きのナゾについて思い思いの評論がされています。真相は本人にしか解かりませんが、キャプテンがケチをつけては勝ち目はなく、レッドカードの時点で負けは決まったようです。ただ試合前に記者投票が可能だったとはいえ、MVPはどうなんでしょうか。

今大会で率直に感じたことは、日本に見せ場がなかったせいもあるのか盛り上がっているのはテレビ番組だけだったように思えました。長井秀和が「川平慈英のテンションに騙されるな!」とネタでありましたが、そんな感じでした。

一番の原因は日本が1勝もできなかったことでしょうが、それは仕方のないことです。しかしながらジャパンを応援していた人はそこで興味を失ってしまいました。
世界の超一流のプレーを見ているのですが、残念ながらピンと来ていない人が多いのではないでしょうか。日本のJリーグを見ずしていきなり世界を見せれられても、あまり感動はないようです。だからプレーではなく日本を応援していると、当然のこと予選敗退で閉幕となってしまいます。

以前はよくJリーグを見ていました。TOTOを買っていたからですが、当たらないのとひいきのチームがないので本腰が入りませんでした。
今大会は夜寝れないおかげでよく見た方ですが、どのチームも守備を重視したのかチャンスが少なかったような気がしました。ミドルシュートが多かったのもそのせいだと思います.

どのスポーツにも言えることですが、必ず流れというものがありました。日本でもブラジル戦で前半1点を取って、そのまま前半を終えていればどうだったか、逆にイタリアはオーストラリア戦の後半ロスタイムでファールをもらい、PKで決勝点。あのまま延長になっていればそこで終わっていたかも知れません。

「この大会が終わればジーコ監督は欧州のクラブチームへ」といらないニュースでケチがついたのから始まり、川淵キャプテンの失言、中田英寿選手の引退発表とプラスの話はありません。中田選手の引退が大会前に発表されていたらどうだったか。言動や様子を見れば今大会でユニホームを脱ぐことは想像できたはずです。野球ファンから言うと、新庄選手が引退を発表してからのファイターズの踏ん張りを見れば残念で仕方ありません。

最後によくサッカーでは試合後に選手に得点をつけたりと戦犯探しをするところがあります。みんな勝とうと必至でやっての結果なので結果論は良くないような気がします。それよりも同じ目標を持って一致団結することが大切ではないでしょうか。その部分でやや覇気が感じられないような思えたのが、開幕前でした。今言うと結果論ですが。

王監督休養

ホークスの監督になって11年になる王貞治監督が初めて休養に入る。今ではすっかりホークスの監督、そしてジャパンの監督として誰もが認めるところである。胃に手術しなければならない腫瘍があるとのこと。前回の小橋選手といい早期発見であることを願うばかりである。

ホークスの監督になって2・3年目。一番チームも監督も厳しいところで、なかなか思うように動かない選手に責任があるとした発言があった。その頃、確かに采配ミスと思えることが多く、選手がカバーすれば何ともないこともそれができる選手はいなかった。投手は崩壊し、打線はあと一本が出ない。

1996年5月9日、例の生卵事件である。負け犬根性が南海ホークスからついてしまっているという発言を繰り返した王監督に、関西のホークスファンが反旗を翻したのである。仕事帰りに8時以降の野球観戦。その日もいつも通り日生球場に行っていましたが、正直ひどい試合。「世界の王に卵を投げるとは」と翌日の新聞の一面になっていることには驚きましたが、当時はまだ「世界のホームラン王」「巨人から来た王」として世間も本人も特別扱いしていました。

ホークスが強くなったのは王監督のおかげであることは間違いありません。ひとつはドラフト、自由獲得枠でいい新人が集まったこと、もうひとつは打者として一流の哲学を主力の小久保・井口・松中・城島へと受け継いだことです。それは遠方から福岡ドームに来るファンに対して、「今日しか来れない人がいる。だから何点負けてても主力打者はその人たちために打たなければならない」と。
そのための準備を怠らない。だからこそ小久保はジャイアンツでもキャプテンであり、井口・城島はメジャーでも自分の力を出せるのである。

今や王監督はファンサービスを大事にしマスコミにも丁寧な応対をしている。だから今回の緊急手術の一報にはみんなが心配し、復帰を願う声ばかりだった。楽天の野村監督は涙を流してプレーする松中を見て「どうやったらあれだけ慕われるんだ」とボヤいていた。

周りはどうあれ、本人はもう「世界の王」ではない。コーチ・選手の意見を聞き、ファンとの距離も近くなった。今慕われているのは過去の栄光ではない。会見では「東京に行って入院して検査の上手術します」と。東京へ戻るのではない「福岡の王」なのである。

プロレスラー小橋建太

先日、いつもどおり報知新聞を眺めていると、いつもは小さい格闘技のプロレス欄に「小橋腎腫瘍摘出へ」と大きな見出しが。その下には腎臓の場合はほとんどが悪性との医師のコメントが載っていました。プロレスレラーと言えば強靭な体を持っているイメージですが、意外にも早くに亡くなる方が多いような気がします。当然のことですが小橋選手はまだ39歳、早い復帰を願うばかりです。

現在プロレス団体は40以上を数え、会場を満員にできる団体は小橋選手の所属するプロレスリングノアとドラゴンゲートぐらいだと言われています。どちらも早い展開と技の素晴らしさ、女性に人気があることは共通しているようですが、特にドラゴンゲートの選手の面白さには嵌ってしまいます。

スポンサーやお客さんを集めるのに厳しい環境ですが、なんとか盛り上げようといろいろな試みがされ、今が一番面白いかも知れません。個人的には勝負にこだわるK-1やPRIDEよりはエンターテイメントのプロレスの方が好きで、スカパー効果もありアメリカのWWEを始め、10団体ぐらい詳しくなってしまいました。

さてノアのトップを張る小橋選手ですが、汗を飛ばして水平チョップを連打する姿がプロレスファンならすぐに思い浮かぶはず。今までにも選手生命に関わるケガを何度もし、練習を重ねカムバックしてきた鉄人である。プロレスラーはみんなから好かれるということはあまりないが、この人に限っては嫌いだと言うファンはいないのではないか、と思うほど実直な人である。

一流のレスラーは相手の技を受けてから自分の技を出す。決して自分本位ではない。相手の大技をすべて受け、いいところを出す。勝てばいいのではない。それもプロレス界を引っぱるトップの役割である。

今年の1月に腰の痛みを三沢社長に訴えていたようだが、全く何事もなく試合に出続けていた。当然、レスラーである限り少々のことでは休まない。脳梗塞で長期欠場中の高山喜廣選手が復帰戦で小橋選手とタッグを組むことになっていたのは何かの因縁かも知れない。

その高山選手は「(タッグを組めなかった)オトシマエをつけさせる」「オレに対抗意識を燃やして病気になっちゃって。これでカムバックできなかったらオレに負けたことになる。帰って来ないとダメだよ」と彼なりのエールを送った。
プロレスファンとして、またチョップ合戦が見れる日を楽しみにしています。

Page 2 of 3«123»

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ