カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ

小さい運は継続中

最寄駅からカウンセリングサークルワイズに向かう時に210円の切符を買おうとした時の話。小銭入れを見たら100円玉が2枚あるも10円玉がなく、仕方なく500円玉を券売機に入れる。ところがジーッという音のまま、料金ボタンのランプもつかず。しばらくすると10円玉と500玉がコロンと出てきた。シメシメ。

カウンセリングサークルワイズからの帰り駅でのどが渇いてジュースを買った話。電車が来るまでまだ10分あったので自販機へ。120円を入れボタンを押す。ゴトン!のあとカランチャリンチャリン。あれ500円入れたっけ?お釣りを見て見ると50円1枚に10円玉4枚の90円。なんで90円やねんやろ?全部500円玉やったらよかったのに…(あかんあかん)もう一本買ってみようか?とも思ったものの、話的には2本買った方が良かったのですが、たぶん予想通りになるのでやめました。

小銭には強いねんけどなあ~

現在、火曜日と水曜日のグループカウンセリングに出席しています。酒井さんと話していると難しい話にはならないので、いつもカウンセリングサークルワイズではたわいもない話ばかりですが、いい仲間に恵まれなかなかいい感じです。
先日の水曜日の体験コースは2回目でしたが、かなり楽しい時間でした。来てもらうとわかると思うのですが、ちょっと珍しいところかも知れません。人それぞれいい味を出して楽しい場所になっているので、これからも男女年齢問わず、いろいろな方が参加してもらえるとうれしいですね。

これからも気の置けない場所、気の置けない人でいられればと思います。

小関選手3塁ベース踏み忘れ?

まさかのジャイアンツの失速ですが、パ・リーグ党としてはいい気分です。ただ悪い時にはツイてないことも起こるもので、ホームランが幻となった、今問題になっているサードベースを踏んだかどうかです。

6月11日 千葉マリンスタジアム ロッテvs巨人の6回戦
ロッテの5連勝で迎え巨人としてもなんとかしたい一戦。しかも前日はサヨナラ負けで試合終了後、コーチと選手が言い合いになるというベンチの雰囲気は最悪の中、事件は起こってしまった。

3回表、李選手(G)の19号2ランホームランで2-1と逆転に成功、ここまでは普段と変わらない光景でした。ところが渡辺投手(M)が次の打者に向かおうとした瞬間、サードの今江選手が大声を出しボールをもらう。サードベースを踏むと、なんと審判が“アウト”のコール。ランナーの小関選手がベースを踏んでいないと言うが・・・

3塁手・審判ともランナーがベースを踏んだか見るのは当然としても、実際そんなことがあるのか?こんなアピールプレイは年に1回あるかどうか。WBCで日本のタッチアップが早いとあの審判ボブ・デービッドソンに“アウト”にされたのが記憶には新しいところ。
滅多にない前代未聞のプレーとなってしまった。

小さい時から野球をし、ベースを踏んで点を取ることを常にしている人が忘れるだろうか?家を出る時電気を消す、カギを締める、キップを買ってお釣を取る、改札でキップを取るなど、ほとんどは意識しないことでも結果として忘れてはいない。

残念なことに、監督・選手ともたいした講義もせずに引き下がってしまった。そんなことはないはず、いやあったとしても監督は小関選手を守るためにも時間をかけて欲しかった。

今、ビデオによりどうもかかとでベースを踏んでいたことが明らかになったようで、巨人としては再試合を求めている。しかしそんな試合に負けたことが問題で、チーム低迷の中これほどの発奮材料はなく、みんなで跳ね返さなければならない。4-3でロッテの勝ち、幻のホームランがあれば・・・それは言い訳はであり、ロッテの6連勝とチーム力の差が出てしまった。

守備につく際、ロッテファンから励ましの小関コールが起こった。ロッテファンは温かい。

5月21日 ヤクルトvsソフトバンク

競馬の話を書いていますが、本来は野球を見るためにスカパーに入りました。今はパ・リーグ党なので地上波では野球中継がなく、スポーツニュースでも大リーグに時間を割くようになってからは情報がメッキリ少なくなってしまいました。だから今では家にいる時は野球三昧です。ホークスのファンではありますが、全球団の試合を見てるところが凄いと人からはよく言われますが、自分でもそう思います。

全国的には巨人ですが、関西のテレビではタイガース一色になりがちです。他にもいい試合がいっぱいあるし、いい選手がいっぱいいるので知ってもらえればもっと野球を楽しく見れるのにと残念に思うこともあります。前回書いた清原の逆転満塁サヨナラホームランも巨人であれば、テレビ・新聞とえらいことになっていることは容易に想像できるし、またその日は阪神が今シーズン初の首位に立った日なので、やや隠れてしまった感がありました。

5月21日の神宮球場でのヤクルトVSソフトバンクの試合。昼間の大学野球が延びて試合開始が遅くなったことにヤクルトの攻撃時間が長いのが重なり今期最長の5時間22分の熱戦でした。4-3でソフトバンクリードの9回裏、ピッチャーは守護神馬原。この日は調子がよくなく連打の後、満塁策をとりながらワイルドピッチで同点に。なおも1アウト満塁でサヨナラ負け濃厚。ところがどういう訳かその後の大ピンチは押さえ延長戦へ。

日付が変わろうかという日曜日のナイターにもかかわらずお客さんも多数残り、「延長12回表に2アウト3塁でキャッチャー山崎選手がライト前にタイムリー、その後さらに2点を加えたホークスが7-4で勝ちました。」というのがほとんどのスポーツニュースでした。

0時も回りヤクルト12回の裏の攻撃は0で終わりましたが、ノーアウト満塁というチャンスがあったことは、それでも球場に残っていた人かケーブルテレビを見続けたマニアしか知らないことです。一言スポーツニュースで付け加えてくれれば、もっと深い情報になるし、球場に残っていた人の一喜一憂が伝わるのに。

ちなみにソフトバンクの山崎選手は5月9日に広島戦の5回裏、ファールチップがマスクに当たり前歯が3本飛んでしまった人です。それでも激痛に耐えプレーを続けその裏に決勝点になる犠牲フライを打ち、チームも完封勝ちだったので本来はヒーローインタビューでしたが、病院直行でお立ち台に上がることはありませんでした。

球場にいるとその場にいないとわからないような面白いことがよくあります。野球は他のスポーツに比べてもそう思うのですが、テレビや新聞などでは伝わらない感情や楽しさがあるので、ライヴで観戦するとやっぱり楽しいのものです。

今回題材にしたヤクルトvsソフトバンクの一戦は、野球観戦マニアとすれば、試合内容よりも最後まで見て帰った人を大変うらやましく思う試合でした。日曜日で明日仕事や学校である人がほとんどだったと思いますが、それでも最後まで応援する。ちょっと昔の自分を思い出すような気分でした。

清原逆転満塁サヨナラホームラン

「こんな日が来るとは思わなかった。野球を辞めなくてよかった、本当に」
野球を知らない人でも知ってるであろう清原和博選手のヒーローインタビューの言葉です。今までのホームランの中で1番うれしいホームラン、と言っているほど興奮した中での言葉だけに伝わるものがありました。

西武の黄金時代の4番でありその後巨人に行き、あまり好きな存在ではありませんでした。小さい頃阪神ファン以外には考えられない地域で育ったため、当然巨人は最大の敵でありその巨人に行くとはどういうことやという感じです。

ところが今年オリックスに移ってから、よりカドが取れ人間味あふれる口調と話が目立つようになりました。また笑顔が多くここ数年のスッキリしない顔とは比べ物になりません。
野球ができる感謝の気持ちがそうさせているのでしょう。

「大阪のみなさん、こんばんは清原です」
サヨナラホームランの前日の大阪ドームでのヒーローインタビューも、大阪ドーム初登場でその日ホームランを打った清原でした。その中の言葉で「三浦投手からはなかなか打てないんですけどファンの皆さんの声援で打てたように思います」と今までではないであろう控えめな言葉でした。そして「明日は神戸ですが」、と最後に何度か言っていたのは何か予感でもあったのかも知れません。

「神戸のみなさん、こんばんは清原です」
昨日同様の挨拶で始まったインタビュー。「クルーンの速い球は普段打てないんですけどねぇー 皆さんの声援で奇跡が起こりました」とらしくない言葉。

9回の裏 3-6 1アウト満塁。そこまでチャンスもありもっと点が入っていてもおかしくない展開。点が入っていれば違う展開で清原に回るはず。もちろんその前のライト前ヒットで1点入っていても違った。すべてはこのスターにチャンスが回るようになっていたのかも。そして、それまでの白いバットではなくホームランを狙うための黒いバットで登場。‘三振’か‘ホームラン’か。
ここで打つのがスーパースター。右バッターでライトの上段近くまで飛ぶホームラン。

この2試合で続けることの大切さを再確認し、謙虚な心と感謝の気持ちがすごく伝わるいい言葉を聞いた。敵ながら見事なホームランとヒーローインタビューでした。

いい流れ継続中

前々回から運が向いてきたと書きましたが、まだ続いているようです。先週日曜日は買い間違えて万馬券的中でしたが、次の土曜日は「心ざわざわ」の岡本理香さんがカウンセリングサークルワイズに来られるということで、また携帯で買って家に帰ってからレース結果を見ることに。

一日競馬をする訳ではないので、厳選して当りそうなところだけを買ったつもりが全くダメ。ところが東京の6Rで買ってた馬が1・2・4着だったのですが3着の馬が降着(進路妨害をしたので妨害された馬の次の着順に)になり4着の馬が3着に繰り上げ。ということで大当たり!

これが万馬券になり、またこの日もプラス計上。予想はひとつも当たってないくせに。
しかし先週の日曜日から「どんなけあかんねん」。
ただ次の日の日本ダービーは予想した3頭でそのまま1・2・3着とGⅠでは珍しく的中しました。冴えてるんだかどうなんだか・・・

ちなみにカウンセリングサークルワイズに向かう途中、予想を書いた紙を見ながら馬券を買ってたのですが、阪急電車の特急の中でないことに気づきました。本当はまだ買えてないレースがあったのですが、“買うな”というサインだと思い残りは買いませんでした。
ただそんな紙を落としたことが恥ずかしくて拾った人「何やコレ?」と思わんかなと。

実は買ってないその中に万馬券がひとつ当たってたのですが、それでも他にラッキーで当たってたので良しとしておきましょう。
梅田駅なのでそれを拾った人が“買え”のサインだと思って、WINSに買いに行っていたらおもしろいのですが。

こんな話の後で岡本さんの話をするのも恐縮ですが、その日は楽しい時間を過ごすことができました。一緒に来られた齋藤先生と二人とも初めてカウンセリングサークルワイズの来られたという雰囲気がなく、ホームページで拝見していたせいもあるのでしょうが違和感がありませんでした。

想像と聞いていた通りのパワフルな方でありながらまだまだ少女のような方でした。
とても健康的な生活を送っておられるとは思えませんが、いつも元気で、そしてみんなに元気を与えてくれるような存在の人はなかなかいないような気がします。またいつでもお越しください。
こちらはみんなで有馬温泉に行けるようにがんばりましょう。

少し運が向いてきた

小さく運が向いてきた。そんな小さい流れが大きくなっていくはずで、自分から流れを悪くしないように心がける。

先日の日曜日は家で競馬観戦。とは言っても今は携帯で馬券は買えるし、スカパーに入ってからは1レースから全競馬場のレースは見られるし不自由はありません。

その日は寝坊し、寝る前に予想した午前中のレースは買えず。結果を見れば、午後への資金稼ぎの意味もあり、かなり堅い予想をしたレースも見事に大ハズレ。大好きなジャンプレースも全く見せ場なし。寝坊大正解!

昼からこれはツイてると買い始めるも全く当たらず。1着は来るものの2着はとんでもないのが来て嫌がらせのようにハズレ。この日はGⅠのオークスがあるため、それを買わないのも、と思い先に購入。そうこうしているうちにメインレースを前に残金800円。

中京競馬のメインレース東海ステークス。3番が買いたかったので圧倒的1番人気の12番をつけて、3連複で3-12から相手に何頭かという馬券を購入。(3番と12番と相手に買った馬が順番関係なく1・2・3着に入れば的中)
ところが携帯の画面を見ると3-11に。あれれ。

長いことやってるとこんなこともよくあって、またこんな時は不思議に当たったり、逆に当たってたのに間違えたためにハズレたりするもので、説明はできませんが何かあるようです。

レースが始まり1番人気の12番は手応え悪く向こう正面ですでに圏外へ。シメシメ。
4コーナーでは人気のない11番は2番手で、あとは4番手にいる3番が1頭交わせば当たり。直線見事に3番は突き抜け1着、2着10番、3着11番で3連複3-10-11が的中!
思ったより配当は安かったが万馬券が当たり一気にプラスに。(予想はハズレのくせに贅沢なことを)

やっぱりツイてると新潟・中京・東京の最終レースをベタベタ買うものの、オークスの大ハズレを皮切りにカスリもせず終了。「どんなけあかんねん」
結局本日プラス計上。(ひとつも当たってないくせに)
これでダービーの無駄馬券が買えるゾ-。流れを変えないように注意、注意。

小さい運

よく行く近くのスーパーが夜の12時まで開いているので助かっています。先日の11時55分、そろそろレジの精算にかかろうかという時に到着。「すんませーん、まだ行けます?」
と惣菜売り場に。さすがに残りも少なく目当ての半額になっているコロッケを探す。小銭で済ますためにはコロッケでよかったのに、仕方なく小海老のから揚げと気になったアメリカンドッグの小さいのが6本入ったものに。

これは小銭では足りないなと思いレジへ。「269円です」「100円玉2枚に、10円玉6枚に、5円玉1枚に、1円玉4枚」以上。小銭入れの硬貨13枚がきれいにカラに。
こんなこともあんねんなぁ~。始めからあの2つ買うことになってたんかな。

次の日、電車の乗り換えも空腹に耐えられずマクドナルドへ。苦しい生活になってからはよくお世話になってる100円マックですが、さらに安いハンバーガー(80円)とオレンジジュースが定番になっています。

さっそく包みから出すと、黄色いチーズが目に入りなんか得した気分でした。たしかに包み紙はハンバーガーだったので「こういう得の仕方は初めてやなぁ」と立ち寄って正解でした。これがピクルスやったら怒る人いてるんかな?

続けて小さい幸運があったけど、まさか今月の運全部使ったんちゃうやろなあ。

ネクタイの色

先日、近鉄百貨店でアンケート調査のアルバイトをしてきました。近ごろは個人情報流失のニュースが多く、嫌がる人がいると聞いていましたが、それなりに枚数を集めることはできました。もうちょっと体力があればもっと貢献できたのですが。

こういう仕事は断わられ続けるとさすがにヘコンでしまうので、何か楽しく仕事できないかなと考えました。「どうせ断わられるのならかわいい子に声をかけよう」とか。これは意外に作戦成功で年配の人が多い中、若い人にもたくさん協力してもらいました。
そして3日間スーツにネクタイの仕事でしたので、ネクタイの色で相手の反応が変わるか、ちょっと調査してみました。

初日が青だったので、次の日はオレンジ、最終日は赤にしてみました。冷静で誠実な青、陽気で親しみやすいオレンジ、行動的でリーダーシップの赤と本人は別にしてそれぞれ色のイメージがあり何か傾向が出ればおもしろいなぁという感じです。

結果は協力してもらった人数で言うと、初日の青 ⇒ 3日目の赤 ⇒ 2日目のオレンジ
の順でした。初日が一番ということはあとの2日さぼったようですが、ただ声をかけた割合から言うとオレンジ ⇒ 青 ⇒ 赤の順です。2日目の枚数が少ないのは1人当たりのアンケートの会話がはずんだのと、その後違う話をすることが多かったからです。

結論、オレンジ色は確かに人当たりがよく人を集めますが、仕事がはかどるかどうかは別問題です。赤色は自分に奮起を促すにはいい色です。青は相手に安心を与えるにはいいかも知れません。仕事に限らず、普段の生活にも使えるものがあるはずなので、色に興味を持ってみるのも一日を楽しくする方法のひとつではないでしょうか。

ブログを始めることに・・・

「ブログお願いします」

「了解です」

「そろそろブログお願いします」

「そうですね」

とこの会話を繰り返しようやく重い腰を上げることに。

別に競馬のブログに追われているため、なかなかとりかかれませんでしたが、これを出すとそうは言えなくなってしまいそうです。

趣味の野球観戦のことばかりになるかもしれませんが、現在、カウンセリングサークルワイズの酒井さんとともに大阪難波のメディカルステーション きたの喜多薫先生にもお世話になっておりますので少しは健康に関するいいことも書いて行こうと思います。

暗い話は尽きないのですが、なるべく明るい話題をこころがけます。あくまで個人的なことになるのはご了承ください。少しずつ自分の色が出せればと思いますので今後よろしくお願いします。

Page 3 of 3«123

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ » 今井直人のブログ