カウンセリングサークルワイズ » » ブログ

子どもの夜型化

朝のテレビで子どもの夜型化が特集であってましたが、確かに夜に親と一緒に外にいる子どもが増えましたね。夜型になってしまうと、昼間はボ~としてる事になるので、脳の成長に非常に良くないようです。そうやって脳の成長を妨げられると「キレやすい」子どもになるとまとめていましたが、僕もそう思います。乳幼児期にしっかりとした生活リズムを身に付ける事は非常に大事で、これは両親共に気を付けていただきたい問題ですね。

睡眠というのは、とても大事だと僕は思います。寝る事で脳を休ませ、次の日に備える。ちゃんと休めば昼間にはちゃんと働いてくれる。欝を訴える人は不眠に悩む方もいるようです。かくゆう僕もすぐ不眠になるのですが…不眠が欝な気分の原因の一つとも言えると思います。疲れた脳でいい事を考えるのは難しいですよね。

「嫌な事があったら寝てしまえ!」とよく言われますが、あながちいい加減な言葉ではないですね。嫌な事しか考えられない時は一度脳を休ませ、リセットして、起きてからもう一度見直してみる。これも立派なストレスを貯めない方法だと僕は思います。

アートセラピーって?

アートセラピーはご存知でしょうか?

医療機関や老人介護施設、子供対象で行っているもの、震災などのショックな出来事があった後に心の癒しで行っているものは、よく知られていると思います。これらは主に絵や作品を楽しんで作成してもらい、言葉では表現できない様々な気持ちを作品で表現してもらい、発散したり開放をサポートするのが中心です。

それから発展して、絵を書いたり様々な素材で作品を作成する中で、自分自身でも気づいていない深いところ(無意識)にある思いを作成の過程の中で発見していくものでもあります。発見=気づき=行動(自己成長)です。

絵や作品の上手い下手は関係ありませんし、作品で心理テスト的に、セラピストが判断や診断するものではありません。
自分自身のことは自分が一番知っているのですね。それに気づく為の手助けをするのが、アートセラピーでありセラピストの役割だと思っています。

自由に楽しんで自分の思いを表現し、今の気持ちを頭で考えるのではなく、心で感じてください。心で感じると答えが出てくるのです。

アートセラピーのなかでもいろいろな手法があります。このブログで紹介していきたいと思っています。いろいろな手法のアートセラピーを是非体験してみてください。そして自分に合うアートセラピーを見つけて欲しいと思います。

Peace Of Mind~一人のカウンセラーの一つの考え方~

あなたの悩みを解決する「ヒント」がここで見つかるかもしれません。
http://blog.livedoor.jp/peaceofmind7776/



悩み相談心ざわざわ&カウンセリングサークルワイズ

「心ざわざわ」精神作家・正看護師・摂食障害過食症アドバイザーによる森田療法ベースの悩み相談in神戸&「カウンセリングサークルワイズ」大阪の女性心理カウンセラーによる個人カウンセリング、養成講座。
http://blog.livedoor.jp/kokorozawazawa/

アートセラピールームの扉

初めまして~ひろこです(^-^)アートセラピールームへようこそ!アートセラピーって?思う方、知らない方に広めたいと思っています。私が作成した作品を通じて感じたことや活動内容を中心にしています。
そのなかでアートセラピーとはどんなものかを感じていただけたらと思います。
興味ある方はもちろん、興味ない方も扉を開いて入ってみてくださいね(^^)
http://happy-heart-time.at.webry.info/


トトロ姉妹たちの物語in六甲山

「心ざわざわ」森田療法ベースの摂食障害過食症悩み相談in神戸
ここは「心ざわざわ」向日葵御殿に暮らす癒し担当トトロ姉妹たちの日記。
関西弁のトトロたちが繰り広げる愛と笑いの物語in六甲山有馬温泉傍。
http://ameblo.jp/kokorozawazawa/


ファイターズ優勝パレード

あっけなく日本シリーズも終わり、野球の話題は星野ジャパンに移っている中、11月24日にファイターズ優勝パレードが行われました。ドラゴンズの優勝パレードもスポーツニュースでは見ましたが、ホークスファンとしては特に興味のないもので、いいなぁぐらいのもんでしたが。

先日、ファイターズのパレードがGAORAでやっていたので見てしまいました。しかも真夜中の再放送で。今、奈良でこれを見てる人は何人いてるんやろ?と思いながら。

なぜ見ようと思ったかと言うと、とにかく寒そうだったから。前日までの雪が残り、選手もファンもかなりの重装備。11時からの開始も、当然その前からみんな待っている訳で、ちょっとかわいそうでした。出発の大通り西6丁目の辛そうなセレモニーも終わり、ようやく出発。

1度だけ行った札幌の記憶を辿りながら、駅前通りから気づけばゴールのススキノまで、結局セレモニーから約40分間のパレードまで見ていましたね。ヒルマン監督は雪が舞えばいいのに、と言っていたようですが、パレード開始に合わせてちらつき始めますます寒そう。パレードが盛り上がるのかとの思いも、沿道のすごい人・人・人。100トンとも言われる紙吹雪が舞い上がり、それは圧巻でした。

昨年はまだ新庄というスターがいましたが、今年のスターダルビッシュは星野ジャパンで不参加。他のジャパン参加選手にセギノールも居らず、有名人と言えば引退する田中幸雄さんぐらい。(マニアの自分としては全然問題ないのですが)
関西では阪神に移籍の決まった金村投手はよく映っていましたが、まだチームとしては地味な印象は拭えず、ヒチョリ選手にヒルマン監督が目立つぐらいで。

それでも今年でお別れのヒルマン監督に‘ありがとう’の声が飛びかい、選手にも大きな声援が。選手もそれにしっかり応え、沿道にいた大沢親分にも気づいてしっかり挨拶。(監督はじめこの人には頭が上がらない様子)
途切れない紙吹雪に雪が混じり、ビルから手を振る人、子供からお年寄りまで声援送り、地域に愛されている姿がすごく印象に残りました。現場でなくても十分でしたね。(そもそもファンではないので行きませんが。近くやったら行くかな?)

パ・リーグは地域密着のフランチャイズ制が機能するようになりました。今年は特に楽天のファンが増え、仙台でパレードが行われる日も案外近いのかも知れません。選手を応援するのも1つですが、球団を応援する理想の姿を札幌で見せてもらった気分です。
寒さも札幌ならではの演出とも思え、よりその温かさが伝わったのかも知れません。
いいものを見せてもらいました。

最後に率直な感想を2つ。
来年は福岡で日本一のパレードが見たい。
あの紙吹雪はどうやって掃除するんやろ。(寒い中大変やで~)

職人荒木選手のバント失敗

今年のプロ野球セ・リーグは3強の歴史的争いと言われました。昨年までとは比べモノにならないぐらいみんなが好成績のジャイアンツに、もうひとつ波に乗れないドラゴンズ、そして前半戦は打てなくて苦しんだタイガースが、終盤日替わりに順位が変わる混戦となりました。明らかにドラゴンズとタイガースは昨年の強さはなく、それでいて優勝争いをしている意味では、この2チームの地力を物語っているようです。

そんな中タイガースが10連勝で首位まで突き抜け、大阪のマスコミでは阪神優勝を確信するような番組や記事が多くなりました。案の定、10連勝の反動は大きく、9月14日の阪神vs中日の9回表、藤川がウッズに決勝タイムリーを打たれ、そこで急上昇は急降下に向きを変えてしまったようです。11球すべて直球勝負は、場面を考えれば、打たれた以上ちょっと解せない投球でした。

タイガースはヤクルト・横浜にまさかの3タテでトドメを刺され、再度9月27日に甲子園でドラゴンズを迎えることとなりました。2週前とは状況一変、優勝争いから脱落し元気のないタイガースに、もう負けられないドラゴンズの戦いに。阪神ファン(=アンチ巨人)からすると連敗は止めて欲しいが、勝つとジャイアンツに優勝が近づくという何とも微妙な試合で、開始から何とも言えない感じでした。
負けたくないともう負けられないの緊迫感、この試合でそれが見えたのがドラゴンズの荒木雅博選手でした。

初回、先頭の井端が粘ってヒット、そして堅くここは荒木で送りバントのはずが、ピッチャーフライでバント失敗。バントの名手としてはあまり見ない光景でした。当然のこと、冴えない表情でしたが、3回表に同じ場面が。
先頭の井端がヒットでもう一度荒木のバント。ところが今度はキャッチャーフライと2打席連続の失敗とこれは珍しい光景でした。ベンチの荒木選手の様子をテレビで何度もう映していましたが、タオルを頭から被り、肩を落とす姿はチームの悪い雰囲気を一人で背負っているような感じでした。

というのも、ドラゴンズは前日のジャイアンツ戦の初回に4点を取ったものの、その後それがウソのようにチャンスを潰す拙攻の連続。この日も同様、次の4回まで残塁の山で完全に便秘の症状でした。そしてまたまた5回表に荒木登場。

先頭のピッチャー川上のツーベースに、続く井端はフォアボール。ノーアウト1・2塁。タイガースとともに荒木のピンチに。この日の井端は人が悪いように見えるぐらい塁に出ていました。

さぁ、どうする?
2番バッター、0-0、負けられない試合、拙攻の山、エースが投げている、常識的には送りバントの場面。しかしバッターは2打席バント失敗の荒木。さすがに心情を察してか落合監督が登場し、なにやらボソボソ。

1球目はバントせず2球目を思い切って強振!
あろうことかレフトポール際へのホームラン!(なんでやねん)
散々チャンスを潰してきて、こんな形で点が入るとは・・・しかも今シーズン第1号で。

もし、第1打席でバントが決まっていればこの打席もバントだったでしょう。もし第2打席でバントを決めていても、この打席はバントだったはずです。またこの打順の巡り合わせもなかったかも知れません。ベースを1周する荒木選手はニコリともせず、到底大事な試合で先制3ランを打った人には見えませんでした。

荒木選手と言えばマジメなサラリーマンのようなイメージです。控えめで決して目立つようなタイプではありません。春にインタビューで甲子園の阪神戦のことを聞かれ「ベンチの上からでもヤジがすごくて怖い」と言っていたことを思い出しました。「ただその人に挨拶をすると‘お前だけは応援したる’と言われて面白い」というようなことも言っていましたが、ホント人柄がよく表われていたように思います。

名手・職人と言われる選手であっても逆境はあるようです。荒木選手はホームランを打つことが仕事ではなく、バントを決めることが2番バッターの役目だと思っているはずで、全然嬉しそうな顔はしませんでした。おそらく試合後もそうだったと思います。それでもその責任感と何とかしようとする必死さが、1本も出なかったホームランを生んだようです。

やっぱり神様は見てるんですかね。

次の第4打席は完璧なセンターヘのヒット。迷いが吹っ切れ、躍動感が戻ったようでした。

ありがとう 佐賀北高校

過去最多の73イニングを戦った今年の佐賀北高校。開幕式直後の初戦、福井商業との一戦を見て、以前の駒大苫小牧高校と何かダブルものを感じました。小柄な選手に目いっぱいの守備、送りバントの徹底、そしてホームランと‘The 高校野球’というチームでした。

そして2戦目の宇治山田商業との延長15回再試合は、両チームのキャッチャーの肩の強さと野手のファインプレーが光りました。2試合目は9-1と前回書いた通りでしたが、存分に力を発揮したゲームでした。ここから観衆を味方につけていったように思います。観戦した人は応援したくなる何かが必ずあったはずです。

4年前、北海道では最強と言われた駒大苫小牧は、甲子園初勝利を目指して8-0とリードしていました。ところが台風の影響でゲームは中止。再試合は2-5で負けと神様は味方せず試練を与えました。この試合を見た人も応援したくなる何かを感じたはずです。
その後、翌年は北海道勢としては初の優勝、それ以上に厳しく素晴らしいゲームの数々に感動し、そして更に連覇、昨年こそハンカチ王子に決勝再試合で負けましたが準優勝と、今では高校野球になくてはならない高校となりました。

今大会の佐賀北も同じく、試合毎に逞しくなり3回戦の前橋商業とは5-2と完勝。準々決勝の帝京戦は本当に面白く、弱い者が強い者に向かっていくようなゲームでした。3-3に追いつかれてから、毎回毎回ピンチの連続。ライトからの好返球にスクイズを2度ホームでタッチアウトと、信じられない粘りを見せ、この試合もまた観衆の拍手を誘いました。

準決勝の長崎日大戦は3-0と、左の馬場君と右の久保君の危なげない完封勝ち。ところがこの長崎日大には練習試合でコールド負けするぐらいで、今まで一度も勝てなかった相手だそうです。ここまで周囲の心配をよそに全く疲れを見せない選手たち。そして日増しに増えていく応援団。驚いたことに佐賀大会の決勝で負けた鹿島高校の選手たちが甲子園まで応援に来ていました。

そして決勝戦。駒大苫小牧の4年連続の決勝進出と常葉菊川の春夏連覇を阻止した広陵が相手。東の横綱を倒したとはいえ、すべてに一枚上の下馬評。ただどのチームよりも初日から長く試合した経験と勢い、そして神を味方にしていました。
試合は全く広陵ペース。2回で馬場君がノックアウトされ2-0、その後無失点を続ける久保君がしのいだものの、7回に2点を相手投手の野村君に打たれて取られ4-0。ほぼ万事休す。攻撃もその野村君を全く打てずに7回までわずか1安打。
帝京戦も同じでしたが、3回から8回まで毎回2塁打を打たれ、逆によく4点で収まっているなぁと思えるぐらいの防戦一方。それでも0に抑えていた守りに、野球の神様がいるように思えてなりませんでした。

そして帝京戦でもセンター馬場崎君のファインプレーの後、打席が回り、ヒットを打ってサヨナラにつながったように、ここも8回裏に唯一ホームランを打てる副島君に回ってくるこの巡り合わせ。宇治山田商戦でもエラーした田中君にチャンスが回ってタイムリーヒット、前橋商戦でも相手投手にホームラン打たれたその裏に、馬場君がランニングホームランを打ったりとすべてに筋書きがあったように思います。

逆転満塁ホームランを打つ前の球場の大声援、判官びいきもあってか異様とも思える雰囲気の中、それまでの三振続きがウソのような文句無しの一発。野球の神様が姿を現わした瞬間でした。審判の判定も9回の3塁タッチアウトもそれしか説明がつかない気がします。
開幕戦を制しての優勝は13年前の佐賀商業以来、そしてその時も満塁ホームランでの決着となりました。

今年は特待生制度が問題となる中、普通の県立高校生が優勝するというドラマがありました。49代表すべてにドラマがあります。たまたま初日に出会い一番長くいいドラマを見せてもらいました。テレビ新聞で‘がばいミラクル’と名づけられたこの感動は、また来年思い出すこととなるでしょう。ホントに毎年、夏の高校野球はハズレ無しです。

ちなみに優勝校を当ててもゲームは負けました・・・なんとか勝ちにしてくれんかなぁ。
こちらは毎年ハズレです。

「宇治山田商 vs 佐賀北」

今年も自分の中での夏の風物詩、高校野球が始まっています。今年もマジメにインターネットで研究し、テレビで抽選会を見て予習もOK。子供の頃よりよっぽど今の方が、力が入っています。というのも友達同士で毎年ゲームをやっているからで、それで今年の自分なりの注目は、宇治山田商業と佐賀北でした。

まず宇治山田商業は、たまたま5月にスポーツ新聞の隅に見た春季高校野球東海大会決勝のちっちゃい記事。もちろんランニングスコアだけで、宇治山田商(三重1位)13-10中京大中京(愛知1位)でした。ところがよく見ると、中京の10点は最終回に挙げたもので、守ってる方の心境を考えただけで興味深いものでした。13-0からまさか負けることはないにしても、点差が詰まるにつれその‘まさか’がドンドン近づき13-10に。
油断した訳でも手を抜いた訳でもないはずで味わったこの緊張感。すごくいい体験をしたのでないでしょうか。考えただけでも胃が苦しいですが。

負けた中京のあきらめない気持ちもたいしたものです。13-0で終わるのとでは雲泥の差です。最後に生まれた一体感は素晴らしいと思います。
「13点取られても14点取ってやろう」人生と同じですね。

ちなみに中京大中京は愛知県の決勝で愛工大名電に7-5で敗れました。9回表に2点を勝ち越されての惜しい負け。甲子園に出られなくても得たものは大きいように思います。

もう1つの佐賀北高校は県立校で特に前評判もなく目立たずでしたが、県大会の結果を見てピンと来たのと、オープニングゲームを勝てば勢いに乗るかなぐらいな感じでした。
開幕式の後の福井商との試合はすべて見て、2-0の完封勝ち。予想以上に左右2人のピッチャーが良くて、手応えありでした。そして2回戦で予定通りこの2校が対戦することに。

結果は延長15回4-4の引き分け再試合。前半は完全に佐賀北のペースで、やはり1度試合をしている方が有利に思えましたが、後半になってからは全くの互角の戦い。ところが延長になってからは両方とも得点の入る気配がないぐらいの投手戦で、しかもファインプレーの連続。1球1球に選手も観客も、もちろんテレビの前の自分も集中してしまうぐらいの白熱した熱戦でした。昨年の決勝戦、早稲田実業と駒大苫小牧が記憶に新しいですが、心情が入っている分、たとえ2回戦の1つであっても感動に何も変わりはありません。

大阪で何のゆかりもない三重県と佐賀県の対戦を1球も見逃さず真剣に見ているのは、自分だけではないかと思いながらも、あっという間の15回裏。
そして試合終了後、観衆が立ち上がっての拍手。球場の温かさがテレビでも十分に伝わってきましたが、負けられない緊張感から選手も観客も解放されたようでした。アルプススタンドの応援団・OB・出身県の人・近所の人・たまたまこの試合を見に来ていた人、そんなすべての人を一体にし感動させる高校野球は素晴らしいと思います。

中1日おいての再試合は9-1で佐賀北が勝ちましたが、その後の佐賀北の戦いを見れば分かるように宇治山田商の評価が下がるものではありません。
毎年毎年いいものを見せてくれますが、今年もまたこの試合に1つ感動をもらいましたね。

その後の佐賀北の躍進は次回に書かせてもらおうと思います。
今は自分が注目した2校が引き分け再試合という、もう2度とないような珍しいことやねんから、何とかゲームは自分の勝ちにしてくれんかな、と思うばかりです。

Page 5 of 11« First...«34567»...Last »

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ