カウンセリングサークルワイズ » » 摂食障害過食症回復へ愛のメッセージ » »心が大人になる喜び

心が大人になる喜び

自立とは、諸々の執着心を捨てることから始まりますね。 身体は発達したので、今度は心の成長の時期ね。ちょっと真面目だったので、ひとつずつなのよ。そう考えながら、歩き始めた頃に、生きるのが楽になったように思います。食べることは生きるための基本的な行動ですね。息をすることと同じで、無意識に行なっています。食べるという行為が、本来の目的と違う方法で習慣になってしまうと、無意識にその行動が生じますね。食べることで悩み続けていると、その行為ばかりにとらわれてしまいます。過食などの行為は、その方のある一部の症状であり、自己治療ともなっている場合もありますので、本当に大切なことに目を向けていく必要があります。過食の儀式というか習慣になっているものは、自分で思い込みを作ってしまうので、まず本来の目的と本来の感覚を、一から学ぶことです。無意識の行動を、意識してみることです。やがて本来の習慣が身に付くと、過食は止まります。もちろん時間はかかります。そこで無意識に返してあげるのですね。
また、過食という状態が、日常生活でのストレス発散の代償行為となっていることが多くあります。自分で自分を治療しているのですね。私は、初めから過食を無理に止める必要はないと考えるタイプです。まず、ストレスを発散しているのならば、そのストレスの原因をみつけ、ストレスを軽減する方法を考えます。その後、その代償行為を、他のもので探してみる方法が自然だとも感じています。あるがままということを、まず考えてみると、過食やその他の行動は、自分が行動をしていることであり、しんどい、不安だ、嫌だという感情は、自然な流れで感じるものであると理解ができます。今、何に対して不安なのか?を考えてみると、「食べるのをやめたい、痩せたい」との言葉よりも、もっと大事なものが浮かんできますよ。コントロールをしないでいいものを探してみましょうか。理想ではなく、現実の中で、何かを手にしましょうか。

「何かわからないけれど、不安です」とおっしゃる方は、その不安を通して外界を認知してしまうことがあります。すべてか無か(all or nothing)の性格は、劣等感やネガティブ心性から、破壊的行動にでることがありますね。健康的な自己愛が育っていないと、現実感がわかりにくく、しがみつきと見捨てられ不安があると、拒絶されないように、人間関係を作らないように自ら調整してしまいますね。依存しやすいと、相手に100%を求めてしまい、100%でないと攻撃をしてしまうという状況もみられます。心を閉じると、心は萎縮してしまいますので、無気力・無感動となったり、 忍耐力・耐久力・持続性も低下してしまいますね。とっても繊細な心の動き。心って素晴らしく透明で、美しく感じます。あなたの心も素晴らしい輝きを秘めているのですね。

ここで大事なのは、だからどうする?なのですね。「相談したい」とメールをいただいた時が、まず一歩ですね。そこで、「治るでしょうか?」ではなく「治したいので、アドバイスをください」とおっしゃてくださる方がほとんどです。私が『心には自ら癒す力がある』で語っていますように、過食のサイクルから抜け出せない方は、自ら自然治癒力があるのに、上手く利用ができないのですね。そこで、セルフコントロールができるように、羅針盤が必要となります。ただ、症状が出る前は、セルフコントロールが完璧過ぎるほどできていましたね。その状態が過酷だったと体が心が覚えています。ここからは、まったく方向を変えて気軽に、コントロールしなくてもいいものを増やしながら、過去にとらわれずに、これからどうするか、今どうするかを考えていく習慣をつけていきましょう。表現は硬いですが、その方向性を指示して、遂行していく者の存在、私は、これをフィードバック係りと呼んでいます。その存在により、その自然な力を引き出して、精神的な成長の段階を体験して、リフレーミング効果で、前向きな生活へと、自らを進めていくことが必要ですね。

フィードバックとは、外に向かって与えた情報が、自分に向かって戻ってくることをいいます。もともとは電子工学からきた言葉ですね。そのフィードバックを、上手に使いましょうか。一つは、他の人の価値観や世間一般とよばれるものからのフィードバックですね。これは、情報ですので、自分をみつめる参考書にします。そして、自分からのフィードバックです。これは、もちろん前向きとよばれる言葉と笑顔ですよ。心ざわざわでは、森田療法とリフレーミングで、あなたのフィードバック係りをさせていただきます。悟りを開いたわけではありませんが、自分という存在に興味があり、これも、ここも、あれも、自分が丸ごと大好きで、自分が楽に生きるために、自然に逆らわず、しかも合理的な動きをすることが癖になっているフィードバック係りです。人それぞれですので、それぞれの価値観で、一喜一憂することもありません。楽しいことは多いほど幸せですし、笑顔が一番の自慢です。自分とまっすぐ向き合う時間を重ねるごとに、自分のことが、どんどん好きになっていきます。いろいろな発見があり、感動しますよ。自分って素晴らしい。ガツガツしない生き方を実践していますので、本当に大事なものを掴んでいます。これがあるから、幸せを感じるんだと確信を持っています。とっても大事なものです。すべてに、おかげさまでありがとうなのですよ。

関連記事:
  • 摂食障害-私の中の一部分
  • 摂食障害サポート人材育成神戸セミナー企画「私にできることを一つだけ」
  • 摂食障害過食症電話講習会
  • 限定300部「死んだら、アカン」岡本理香著の追加販売について
  • 「NHKラジオで摂食障害からの回復過程を語る」再放送について

  • カウンセリングサークルワイズ » » 摂食障害過食症回復へ愛のメッセージ » »心が大人になる喜び