カウンセリングサークルワイズ » » ブログ

価値観の好き嫌いを減らしてみよう

私は「価値観は無限大にある」と考えます。そして、その全てが基本的には「正しい」ものだと考えます。

価値観とは、その人が物事を判断する上でとても重要な要素となります。例えば、買い物をしていて、同じ商品を見て、「高い」「安い」を判断するのは、その人が持つその商品への価値観で変わってきます。また、人を見る時でも、価値観が「同じ」「違う」でその人との人間関係が決まってしまう事も少なくはありません。「価値観の相違」で夫婦が別れてしまう事はよくあげられる事例です。

心理的な悩みを持つ人も、この価値観が原因の場合があります。「私は~でなければならない」という考え方です。これを「固定概念」とも言いますが、例えば、

「バラは赤である」

という文章があります。これは「固定概念」をよく表している文章です。

なぜだかわかりますか?

そうです。バラには赤もあれば、ピンクや白もあります。上の文章は「バラは赤でなければならない」という考え方にもとれるのです。正確には、

「バラは赤もある」

ですね。よく理解しにくい文章を書く私がこういう事例を出すと怒られそうですが(笑)人は、何かに悩んでいるときには、一つの価値観に固執している時があるのです。

価値観は先ほども述べたとおり、とても大事なものです。しかし、客観的に価値観というものを見ると、それは一つの「見方」でしかないと言えます。例えば、地上から見た地球はどう見ても丸くは見えませんが、宇宙から見てみれば、地球は紛れもなく「丸い」のです。

私が「価値観は『基本的には』正しい」と考えるのは、私の価値観が「間違っている」と思っていることを地球のどこかの人は「これは正しい」と思っているだろうと考えるからです。人は自分とは違う価値観に触れると「拒否反応」を示してしまいがちですが、それをあえて「正しい」ものとして受け入れてみてはどうでしょうか?受け入れた上で納得いかなければ、それはそれでしょうがないと思います。でももし「ああ、こういう考え方もあるんだなぁ」と捉える事ができたならば、貴方の心に新しい価値観が加わり、貴方の心をより豊かにしてくれるのではないでしょうか?自分とは違った価値観を認めた上で「でもこの価値観はイヤ!」とするのもそれは貴方の新しい価値観だと思います。

私はこのブログのおかげで沢山の価値観に出会わせてもらっています。私が執拗に(笑)コメントを求めるのは、より多くの価値観と出会いたいからなのです。また同時にこのブログで訪れた人達が色々な価値観の中から、自分の心に響く価値観を見つけてくれるとそれはとてもうれしいことだと思います。

まず、自分から変わろう・・・

今回のテーマは「まず、自分から」です。これは、当たり前の事のようで、とても大切な事だと私は考えています。

私たちは、当然のように、人間関係の中で生きています。親子関係、兄弟、親戚、友達、上司、部下など、私達の周りにはいろいろな人間関係があります。私達の「悩み」の中で特に多いのが、この人間関係と言えるかもしれません。私はカウンセリングを学んで、「この人間関係の問題を解決するヒントは自分にある」と考えました。

J.アレンは自分の周りの環境を「自分の考えが作り出したもの」と説きました。この考えからすれば、人間関係もまた「自分の考えが作り出したもの」と考えられます。つまり、「嫌いな人」も「好きな人」も、自分の価値観や考え方が作りだしているものなのです。そして、嫌な人間関係も自分で作り出していることになります。

よく人間関係の改善方法として「あの人が変われば…」と思ってしまう人をよく見かけます。しかし、前回も書きましたが、人は他人の意見では変わりません。これは、人間同士ならば、当然とも言えます。人には十人十色の価値観があります。しかもそれは、幼少の頃から作られたものと考えられれば、そう簡単に変わるものではありません。

では、どうすればいいのか・・・?

変えられないものを変えようとするには、膨大なエネルギーを必要とします。それよりも「変えられるものから変えていく」方が楽です。変えられるものとは?・・・そう、それは「自分自身」です。
ここで、さっきのJ.アレンの考えに戻れば、「自分の内面を変えることで環境を変える」のです。

自分が悪口を言われたくないのなら、自分は他人の悪口は言わない。自分がもっと褒めて欲しいならば、他人を沢山褒める。自分を愛して欲しいと思うなら、他人を一生懸命に愛する・・・
自分が他人にしてもらいたい事を自分が他人にしてあげる事で、それが今度は自分に帰ってくる。自分を沢山褒めてくれる人にあなたは悪口が言えますか?

「反面教師」とは相手の悪い部分を逆に見習って、それを自分がしないようにする事を言います。これと似た言葉にユングの「シャドウ」と言う言葉があります。これは相手の嫌だと思う部分は、実は、自分の欠点であったり、自分ができない事である事が多いのです。それが他人に「投影」されているのだとユングは言っています。

あなたに「害を与える」人間関係は実は自分が変われば解決する事が多いのです。しかし、それがちょっとしたこじれであれば、すぐに効果は出るのですが、それが複雑なものであれば、そう簡単に効果は表れません。また、先ほどの「シャドウ」の考え方で言うと、自分の気づいていない部分が「投影」されている事が多いので、そう簡単にそれを自分の嫌な部分だと認めることはできないでしょう。
しかし、大事なのはそのことに「気付く」事です。この人間関係を嫌なものにしている原因は何なのか?その原因を取り除くために自分ができる事は何なのか?そして、その人間関係を良いものにしたいと考えるならば、「行動」することです。「代価無しでは何も得られない」・・・「等価交換の法則」ですね。

私はこの事をカウンセリングの勉強とJ.アレンの法則に学びました。しかし、まだ、実行できていない部分が沢山あります。これは「シャドウ」だとわかっていても、それを認められない自分がいたり、他人の価値観をどうしても理解できない時もあります。

でも、(これはJ.アレンの言葉ですが)大切な事はそれをいつか自然にできるようになるまで、「行動」し続ける事です。今はできなくても、90歳位になった時にそれが自然にできるようになっていれば、私は人間として大きく成長した事になるのでしょう(笑)しかしそれは「結果」であり、そこにたどり着くまでに私の人間としての「枠」はどんどん広がり続けていたのです。たとえ、その目標にたどり着けなかったとしても、私の「枠」は「行動」をしてない人達よりはより広いものになっていることでしょう。

私は私の周りの人達が人間としてより「大きく」なる事を望みます。

その為には、まずは私自身がより「大きく」なる為の「行動」を続けなければならないと強く思っています。

「人を育てる」という事

「人を育てる」という事を考えてみたいと思います。これは主に「組織の中での人材育成」という面で書いていきますが、子育てなどにも役立つヒントがあると思います。

最近、「コーチング」という言葉がビジネス書などで流行っているようです。これはバブル期の頃のように「多人数で仕事をする」時代から「少数精鋭で仕事をする」時代に変わってきた事が大きいようです。そして、上司にはただ部下を管理する能力だけでなく、部下を「育てる」能力が必要となってきたために「コーチング」が流行り始めたように私は思います。

しかし、現実としては、なかなか「コーチング」は普及していないようです。勿論、今までも上司や先輩が部下を育てる文化ができている組織で育った人達は「コーチング」は当たり前の事でしょう。しかし、今まで「管理するだけ」の上司や先輩がいた組織で育った人達には「コーチング」とは難しいものに移るでしょう。これは、その人が一概に悪いとは言えません。それは「ジェームス・アレンの法則(2)」でも少し書きましたが、人の知識はほとんどが、自分が体験した事、「体験知」で構成されているからです。自分が体験していない事をやろうとするのはなかなか難しいものなのです。

私は昔、学生の頃にやっていたバイトで、師匠と仰ぐほどの先輩に「『楽』したかったら、後輩を育てなさい」と教えられました。私はその先輩に言われたとおりに、後輩の指導に力を入れました。最初は全然自分の思い通りにならなくて、悩んだりもしましたが、あの手、この手と色々考えては、試していました。その後、どうなったかというと、先輩の言ったとおりになりました。自分がどんどん『楽』になっていったのです。考えてみれば当然です。自分が一人でやっていた沢山の仕事を後輩に任せられるようになったわけですから・・・しかも、この「新人育成」の効果はそれだけではありませんでした。今までやってきた仕事が任せられるようになったので、今度は更に高度な仕事にチャレンジできるようになってきたのです。・・・と言うよりも、チャレンジしなければならない状態になってきたのが本音です(笑)そうしなければ、先輩としての「威厳」が保てないからです(笑)

この経験から私が学んだ事は、「他人を育てる」=「自分を育てる」という事です。人を育てるためには、教えるだけの知識や技量が必要になります。そして、十人十色の性格に対応するために伝えるためのいろんな方法を考えなければなりません。つまり、自分を育てないと他人は育てられないのです。

カウンセリングの考え方では「人は他人の意見では変わらない」というのが大前提にあります。人は自分自身で「気付く」事ができなければ、変わることもできないし、育つこともできないのです。その「気付き」を他人が促すには、やはり自分が「体験」した事を相手にも「体験」してもらう事が大事なのです。口先だけの知識は他人には伝わりません。身を持って体験した知識でなければ、相手の「気付き」は刺激できないのです。

「相手を育てる」事で「自分を育てる」お互いの相互の成長こそが「コーチング」と言われるものだと私は考えます。私が最初に「子育てのヒントになるかもしれません」と書いたのは、子育ても同じ事のように思えるからです。「子どもを育てる」事で「自分を育てる」つまり、人間として精神的に成長する・・・「子育て」とは「親の義務」ではなく、「人間としての一つの成長課題」と私は考えます。

皆さんは「人を育てる」事をどのように思いますか?

『ストレス状態』の解決のポイント

前回は『ストレス』というものを医学的に見ていきました。「今の社会はストレッサーにあふれた社会」という話でしたね。
では、どうしたら『ストレス状態』から開放されるのでしょうか?今日はその辺りを考えていきたいと思います。

・・・と書きましたが、はっきり言って『ストレス状態』から簡単に抜け出せる方法があれば、カウンセラーも精神科医も宗教だっていらないかもしれません。千差万別の『ストレス状態』があるからこそ、人は悩み、その解決策を必死に考えるのでしょう。
 
では、どうすればいいか?

それにはまず第一に『己を知る』事が大事になってくると思います。もうこのブログでは、何回も出てきている言葉ですが、やはりこれが一番大切なのだと私は思います。多分、『自分』という存在を100%理解できている人間はこの世にはいないと私は思っています。多分、自分を完全に理解できる事は生涯をかけても難しいのではないでしょうか?でも、完璧とは言わないでも、その理解度を1%でもあげれば、自分がなぜこの出来事を『ストレス』と感じるのかが理解できるようになると思います。よく「悪いことが起こったとき程チャンスだ」と言われますが、これは「自分を理解する」という機会を与えられたと思えませんか?自分の知らない癖や価値観が自分にとって悪い結果を生み出しているのです。ならば、それを知り、理解して、必要があれば変える。この作業が行えれば、『自分』という存在がもっと面白い存在に見えてきませんか?

そしてポイントとして、私がもうひとつ上げたいのが、「自分の神は自分」だと言う事です。これは、J.アレンの言葉で「自分の統治者は自分」という言い方もしています。
これを心理学的に言うと「全ては『自己責任』である」と言う事です。自分の身に起こるほとんどの事は『自らの選択』で起こっているのです。(『天災』という事もあるので『全て』とは言い切れないと思います。)
前にも「ジェームス・アレンの法則」で書いたかもしれませんが、自分が今いる環境は自分の『選択』の積み重ねで作られているのであって、何か大きな力が決めた訳ではありません。『自己選択』という『原因』が作り出した『結果』なのです。
この事は「全てあなたが悪い!」と言っているのではなく、「貴方次第でいくらでも変えられる」と言いたいのです。この『ストレス状態』を作りだしているのは『自分自身』。でもその状態は『自分自身』で解決できるのです。勿論その為には、その状態を変えるための『努力』が必要になります。これも前に書いた『等価交換の法則』ですね。
しかし、その『努力』を一人でやる必要はまったくありません。貴方の周りにいる家族、友人、先輩、カウンセラーなどなど・・・沢山の人の力を借りて、自分に沢山の『選択肢』を作ってあげるのです。あとはその中から自分にあった選択肢を選ぶだけ。その『選ぶ』という行為だけは『自己責任』である事を忘れずに・・・
間違っても大丈夫です。何度でもやり直せばいい。貴方が納得した方法こそが、貴方にとっての『正解』なのですから。

『ストレス状態』からの解決策を導き出すポイントとして、『己を知る事』と『自分の統治者は自分である事』つまり『全ては自己責任で起こっている事』を上げてみました。私自身、この事が解っていても、やっぱり『ストレス状態』に苦しめられてしまいます。それでも、自己責任を理解し、己をさらに深く知ろうと『努力』していくつもりです。
私はカウンセラーとしてクライアントさんの『自己探索の旅』に少しでも力になれるようにこの努力を続けていこうと思います。そして、クライアントの「自己発見」の現場に一緒に立ち会えたらいいなと思っています。

パステルという画材

前回の「パステルを使って」の記事で、パステルという画材の説明が不足していましたので、今回紹介させていただきます。

~パステル~
パステルの語源は、古フランス語の「paste」やイタリア語の「pastello」に
由来し、「練り固めたもの」という意味があります。
パステルは17世紀に考案され、色の原料である顔料の粉末を糊剤と混ぜて
スティック(棒状のもの)にしたものです。
ハードパステルとソフトパステルがあります。

これは、ソフトパステルです。

画像だと色が濃く出ていますが、実際はもう少し淡い感じで、質感はチョークの様でチョークよりも手触りがザラッとした感じです。
画像のものは36色ですが、もっとたくさんの色があります。
一度試してみてくださいね。

パステルを使って

パステルという画材を使って描いてみました。
普段私はパステルを使う事はあまりないのですが、パステルを使って描いているのを見てとても美しいと思い、私も描いてみたいと思っていました。
パステルの描き方…なんて本ないかなぁ~と思い探していると、こんな本がありました。「世界でいちばん簡単な絵の描き方…パステルシャインアート入門」 江村信一著作 です。

本の中でたくさんの絵が紹介されていて、見ているだけで、暖かい気持ちになりました。
この本ではハードパステルを使ってますが、私はソフトパステルを使用しました(持ってるのがソフトパステルだったので)
記念すべき?パステルシャインアート第1作目・・・こんなのが描けました♪

10分ほどで簡単に描ける!と本にもかいてありますが、そのとおりほんとに簡単で私の描いたのはサイズが小さいので5分くらいで描けました。

アートセラピーでデトックス?

巷で大流行のデトックス。アートセラピーで心のデトックスしてみませんか?
日常の忙しさの中で、感じている暇がない抑えている感情がたくさんあると思います。
くやしかったり、悲しかったり、怒り、ときには喜びの感情など…。
そのとき、そのときに感情を素直に出す事が出来ていれば、感情を溜め込む事もないのですが…なかなか出せない時がありますよね。仕事だから仕方ない、嫌われるかも? みんなが見てるし…、世間体が…などの理由で。でも抑えていると、だんだん感情が麻痺して感じてないと思いこんでしまう心の癖になってしまってたりします。
長年続けていると体にも不調に現われたりするんです。原因のわからない不調はありませんか?
溜め込んだ感情が悲鳴をあげてるのかもしれません。

アートセラピーの場は安全です。作品を通じて感じたことを、みんなでシェア(分かち合い)します。
みんなでシェアすることの良いところは、自分ひとりでは気づかなかった新しい発見などがあります。
アートセラピーで心のデトックスしてみませんか?

物語を用いて

パティンドン物語りを用いてのワーク。
自分で物語りを作るのではなく、子供の頃に好きだった、童話やテレビの作品の好きな場面や気になっている場面を絵に書く…から始まりました。
マンガも見てたし、童話も少しは読んだけど、なかなか描けなかった。(場面が思い浮かばなかった)
で、ようやく描いたのは「くまのパティンドン」という童話。
知っている方も多いと思いますが、これがパティンドンです。

とても好きで本も何冊か持っていました。
パティンドンがいろいろ冒険する話し。
これを描きながら「不思議の国のアリス」など冒険したりする物語が好きだったなぁ~と思いました。
今思い出したり、気になったりする物語は現在の自分に重なることが多いらしいです。
なので、その物語のどこが好きなのか、嫌いなのか、主人公や気になる登場人物はどんな性格なのかなどよく考えてみると・・・なるほどね~と思いました。
そして、話の途中や結末で変えてみたいと思うところがあれば変えて、自分が思う結末にしてみる。
物語としてこうなったらいいなと考えて描いたのですが、描きあがったものは今の私の考えていることと重なりました。
でも結末ではなく途中のような感じでしたので、結末が考えられるようになれば、今の自分から一歩踏み出せるようになるのだろうと思います。
なりたいように結末を考えたいですね。
とても面白いワークでした。童話や神話も知らないものがたくさんありますし、すでに読んでいるものもこれを機会に読みたいと思いました。
今の自分が読むことで、気になる話もあると思うので、今度はそれをワークしてみて、今回のと比べてみるのも面白いんじゃないかな・・・と思います。また新たな気づきがありそうです。
アートセラピーとは関係ないですが、「成長の法則」 ジェフ・ケラー著 の本(自己啓発)を読みました。
この中に「人生は自分独自の強みを発見し発揮する冒険である」という一節がありました。
今回のワークでの冒険の話が好きだったということと重なりました。
この本はさらっと読むことができ、読んですぐ実行できるように書かれています。興味のある方は読んでみてください。

コラージュを楽しむ

コラージュコラージュ collage とは、coller (糊付けする)という語源からなるフランス語「糊による張り付け」を意味する。
(体験 コラージュ療法 山王出版より引用)
雑誌や事前に切り抜いたものの中から自分の好きな写真や文字を集め、画用紙などの上に好きなように配置して糊で固定する方法で作品を完成させます。
初めて体験したのは、2年前の私が受講していた講座でした。
4つ切りサイズの画用紙をもらいました。用紙サイズが大きいので出来るかどうか不安でしたが出来ました。
その時の作品です。

用紙のサイズはその人のエネルギーに比例するので、いつもは作れても、しんどい気分の時は出来なかったりします。
無理せず出来るサイズを選びましょう。
もちろん、コラージュ自体も無理にする必要はありません。でも、やってみると、気分がスッキリするのでお勧めします。

私のコラージュ初体験の後の感想は、やり遂げた達成感と爽やかな感じでスッキリしまた。
やってみないとわからないと思うので、是非体験して欲しいと思います。私はコラージュが好きなので、貼ってみたい!と思うものを目にしたときに作成しています。

心理療法でもコラージュ療法として使われることがあります。
写真を雑誌等から切って、再構築して貼る作業は自分の感情などの整理にとても良いようです。(本人がこの知識が無くても自然に効果があります。)
部屋の掃除や整理も気分がスッキリしますが、それとよく似ている(…はただスッキリするだけですが…)のかもしれませんね。
雑誌や新聞の折り込みチラシなどを使って簡単に出来ますので、やってみて下さい。

表現と癒し

お勧めの本の紹介です☆
現代のエスプリ「表現と癒し」
この巻についての紹介で巻頭に書いてある文章です。

「表現は癒しにつながる」という仮説について、表現のプロフェショナルが各々の視点から議論した。芸術、文学、心理学における多様な表現は、共に、生の喜び、心身の調和、回復、成長、つまり癒しが究極の到達点とも言えることが示された。また癒しは人生の深奥に関わる複雑で重要な概念、という再認識を促した。…とありました。

ちょっと難しい表現ですね。

表現は癒しにつながる…というのはアートセラピーや各心理学の講座を受けて自分で感じていましたから、この本をよんで頭で納得できました。

私たちは幼い時、皆自由に歌ったり、絵を書いたり、踊ってたりして自分を表現できていたのに、いつからか表現するのは特定のその才能に恵まれた人のものになってしまいました。それは第三者(親、先生など)の、上手い、下手の評価があり、自然と辞めてしまったんですね。でも、誰の評価もない一人の時は、鼻歌口ずさんだり、電話してる時の落書き、日記などの文章で自然と表現しているのではないかと思います。

絵は下手だから、アートセラピーは出来ないと思っておられる方もたくさんおられますが、アートセラピーでは、表現の上手い下手はありません。自分がどう感じるのかが大切で重要なんです。
自然に思いを表現(表現できると、すっきりするんです)して、自分を癒して欲しいと思います。

Page 3 of 11«12345»...Last »

カウンセリングサークルワイズ » » ブログ